巻頭特集

ニューヨークのプールでひんやり。

市内で手軽に涼をとるなら、プール遊びがオススメ! 今号は市営施設からホテルのルーフトップまで、身近にあるプールスポットを紹介しよう。(取材・文=音成映舞)

 

ニューヨークのプール事情

ニューヨークにあるプールは、公衆浴場が基となっているものが多い。現在のようなプール場として整備されたのは、市の公園局が管轄するようになり、公共事業が発展した1930年代からだ。

ニューヨークのマンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランドの5区には、著名な建築家が建設に携わった、歴史あるプールが今も数多く残る。種類は大きく分けて二つ。一年中泳げる屋内プールが12カ所、そして夏季限定の無料の屋外プールが、大小合わせて約50カ所もある。

屋内プールは無料のスイミングスクールをはじめとした各種プログラムへ参加できる代わりに、有料のレクリエーションセンター会員の資格取得が条件となっている。

一方、屋外プールは毎年6月下旬〜9月初旬のレイバーデーに無料開放される。今年は6月27日(木)から9月8日(日)までオープン予定。

毎年、居住者、観光客含め約100万人以上が利用している、ニューヨーカーの夏の定番スポットだ。

 

低価格な市内プールは、特に家族連れに人気


新政策「クールプール」

昨年からスタートした「クールプール」は、市民に涼しくリラックスしながら、プールをより楽しんでもらうことを目的とした試み。1970年代以来、大きな改修工事が施されていない施設を中心に、順次市内プールの改修を進めている。

夏らしい壁画やラウンジチェアの設置の他、プールサイドでは無料のゲームやフィットネスクラスなどのアクティビティーが実施される。今年は新たに六つのプールがイメージチェンジする予定だ(5ページで詳しく紹介)。

ちなみに、大抵のプールは、SPF50の日焼け止めを無料提供している。

 

米国独自のマナーに注意

日本同様、公共施設の利用時は、最低限のマナーを守らなければならない。

屋外プールの営業時間は午前11時〜午後7時。午後3時〜4時は清掃時間のため立入禁止となっている。清掃が終わる頃には、プールによって入口に大行列ができることがあり、施設によっては入場制限が行われるので注意しよう。 利用時の水着着用は当然の他、赤ちゃんは水泳用おむつの着用が義務付けられている。またプールデッキでは、ラジオ、カメラ、携帯電話などの電子機器は使用不可。飲食は指定された場所のみで可能。

施設内には無料ロッカーもあるので、そぐわないものはしまっておこう。

また、束になって閉じられた読み物(雑誌など)はOKだが新聞は持込不可など、日本よりも細かい規定がある。事前にホームページで確認しておこう。

 

エリアによって異なる景色を楽しんで

 

ルーフトップで優雅に

のんびりしたひとときを過ごしたい人にオススメなのが、ホテルのルーフトップにあるプールだ。

基本的に宿泊者の利用が優先されるが、ホテルによっては宿泊者以外の有料利用も可能。ここ数年は、人気DJやアーティストによる音楽イベント、朝ヨガや併設バーでおいしいドリンクと特別メニューの食事提供などを行うホテルが増え、ニューヨーカーの間でも注目度が上昇! 夏はホテルのルーフトッププールで、優雅にくつろぐ人が増えてきている。

屋外プールをこの機会に利用し、今年は一味違う夏気分を味わってみてはいかがだろうか。

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。