巻頭特集

コロナウイルスとニューヨーク 怒とうの第2波、襲来中

まだまだ忍耐の日々は続きそうだ。現在進行形で感染者数が激増しているが、検査の実態は?日本へ帰国するとどうなる?ジャピオンと情報を整理しよう。(文 / 南あや、取材協力 / 中村英雄)

※掲載情報は、いずれも11月17日現在のものです


怒とうの第2波、襲来中
3月~現在の推移を再確認

第2波の到来はもちろん以前から推測されていたが、正直なところ「先月末からいきなり感染者が増えたな」と思った読者も多いのではないだろうか。

実際ニューヨーク州は、第1波初期にあたる4月時点では圧倒的な新規感染者数だったが、最近は他州での感染拡大の方が深刻だった(図1参照)。

7、8月にはカリフォルニア州とフロリダ州で感染が爆発し、そして11月に入ってからは、シカゴを擁するイリノイ州が突如台頭している。

感染者流入を防ぐために10月まで共同戦線を張っていた、トライステート(ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカット)を見ても、7月ごろからは新規感染者は減少しつつあった(図2参照)。

ただしコネティカットは、夏ごろは新規感染者ゼロの日も少なくなかったが、11月から爆発的に増えている。13日の時点で、州内の80%以上の地域が最高値のレッドゾーン(該当地域の経済再開策がフェーズ3から2に戻る)に入るなど、かなり深刻な状況だ。

参考=ニューヨークタイムズ「Covid in the U.S.: Latest Map and Case Count」、厚生労働省「国内の発生状況など」

激増の感染者数

ニューヨークが「対岸の火事」気分でいられたのも、ここまで。市内の陽性率(7日間平均)は17日現在で2.74%。これが3%を超えると、市内の学校が完全遠隔(オンライン)授業措置になる可能性がある。なおニューヨーク州は、17日時点で3.18%だった。

ちなみに、前述のイリノイ州の陽性率は9日時点で12.4%を突破している。

13日からは、ニューヨーク州内の飲食店および酒類販売許可店、スポーツジムなどが、午後10時~午前5時間に対面営業できなくなった。さらに、屋内外問わず、公共の場以外での集まりは10人未満に制限された。感謝祭やクリスマスを身内で祝おうと計画していた人は要注意。

ニュージャージー州内でも、午後10時以降の屋内飲食は禁止されている。

状況は刻一刻と変化している。今号で掲載した内容から数字などのアップデートが出ることが予想されるので、ぜひ、情報を随時更新しているウェブ版もチェックしてほしい。

 

◀︎現在の最新情報はウェブ版を同時チェック!

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1121

秋から楽しむ ホットカクテル

秋風が吹き始め、ここから一気に冬へと向かうニューヨーク。そんな時、肌寒さをほんわか癒やしてくれるのが燗酒だ。今号では、心も体も温まる燗酒の楽しみ方と魅力、そして自宅で作れるホット酒カクテルを紹介する。

Vol. 1120

知っておこう マリファナ基礎知識

今年3月より、ニューヨーク州でマリファナの使用が合法化された。これにより今後免許保持者の自家栽培や許可された公共の場での吸引が可能になる。アメリカで拡大するマリファナ市場。注意点も含め、まずは正しい基礎知識を身に付けよう。

Vol. 1119

コミュニティーガーデン探訪

摩天楼や住宅街の一角にひっそりと佇む緑の園。今号では、時代の荒波を生き抜いてきたコミュニティーガーデンの歴史と現在の姿を紹介する。

Vol. 1118

舞台再開! 再始動する日本人パフォーマーたち

劇場の灯が消えて1年半、ニューヨークの劇場が戻ってくる。ブロードウェーやメトロポリタンオペラ、カーネギーホールなどの劇場再開とともに、小・中劇場やコミュニティーに根ざすアーティストたちも、新たな決意を胸に再始動しつつある。ニューヨークで頑張る日本人パフォーミングアーティストたちに取材した。