消毒清掃キャンペーン 現地引っ越し・清掃業者がスタート

エイコーニューヨークは、「新型コロナウイルス復興キャンペーン」として、除菌・消毒・清掃のサービスを立ち上げた。

直接手で触れる箇所を拭き取り、フロア・床・カーペットを消毒清掃する他、密封した室内で消毒液を噴霧(ふんむ)する。作業では、次亜塩素酸水および次亜塩素酸ナトリウム(100〜200ppm、5〜7ph)を使用。同社担当者は、「日本の厚生労働省および米国環境保護庁により定められた方法で除菌消毒、お掃除を提供します」と話している。

サービスの料金や詳しい内容は、下記ウェブサイトを参照。同社は日本人スタッフによる引っ越しや清掃サービスを、ニューヨーク市内で展開している。

【問い合わせ】
TEL: 212-595-2874
www.a-comoving.com/campaign.html

<掲載: 5月8日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。