高齢者に無料弁当 日系人会が寄付呼び掛け中

ニューヨーク日系人会(JAA)は、外出規制・自宅待機の日本人・日系人シニアを支援する企画「プロジェクト弁当」を開始した。

毎週1回、65歳以上の同会会員と障害者向けに、サンライズ・マートの弁当と伊藤園のお茶を約100個届ける。デリバリーは有志ボランティアが行っている。現在の対象地域はマンハッタン、クイーンズ、ブルックリンで、今後の寄付状況によっては、将来的な地域拡大も見据えている。

同会は現在、レストランや日本食品会社からの弁当や日本食品の支援を呼び掛けている。資金支援の寄付は、同会ウェブサイト(PayPalおよびクレジットカードで受付)で「Project Bento」と明記して寄付するか、チェックを郵送(支払い先は「the Japanese American Association of New York, Inc.」、メモに「Project Bento」と記入)する。

同会会長のスーザン大沼さんは、「このコロナ危機の状態で、特にシニアや障害者の皆さまの安全と厚生を一番に考えています。この度の『プロジェクト弁当』が発足するに当たり、ご支援のサンライズ・マート、伊藤園、そしてボランティアの皆さんに、心から御礼申し上げます」と話している。

【チェック郵送先】
the Japanese American Association of New York, Inc.
49 W. 45th St., 11th Fl. , New York, NY 10036

【問い合わせ】
http://jaany.org

<掲載: 5月7日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。