高齢者に無料弁当 日系人会が寄付呼び掛け中

ニューヨーク日系人会(JAA)は、外出規制・自宅待機の日本人・日系人シニアを支援する企画「プロジェクト弁当」を開始した。

毎週1回、65歳以上の同会会員と障害者向けに、サンライズ・マートの弁当と伊藤園のお茶を約100個届ける。デリバリーは有志ボランティアが行っている。現在の対象地域はマンハッタン、クイーンズ、ブルックリンで、今後の寄付状況によっては、将来的な地域拡大も見据えている。

同会は現在、レストランや日本食品会社からの弁当や日本食品の支援を呼び掛けている。資金支援の寄付は、同会ウェブサイト(PayPalおよびクレジットカードで受付)で「Project Bento」と明記して寄付するか、チェックを郵送(支払い先は「the Japanese American Association of New York, Inc.」、メモに「Project Bento」と記入)する。

同会会長のスーザン大沼さんは、「このコロナ危機の状態で、特にシニアや障害者の皆さまの安全と厚生を一番に考えています。この度の『プロジェクト弁当』が発足するに当たり、ご支援のサンライズ・マート、伊藤園、そしてボランティアの皆さんに、心から御礼申し上げます」と話している。

【チェック郵送先】
the Japanese American Association of New York, Inc.
49 W. 45th St., 11th Fl. , New York, NY 10036

【問い合わせ】
http://jaany.org

<掲載: 5月7日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。