医療従事者に無料弁当 日本クラブがプロジェクト開始

日本クラブとニューヨーク商工会議所(JCCI)は、医療従事者に無料で弁当を届けるプロジェクト「Let’s Support COVID-19 Fighters!  NYの医療チームへお弁当を届けよう」をスタートした。

同クラブに勤務するシェフが、合計約4000個の弁当を製作する。5月7日から週1で、マウントサイナイ病院、アルバート・アインシュタイン医科大学モンテフィオーレ病院、コロンビア・プレスビテリアン病院など、ニューヨーク市内の各病院に配達。今後、郊外の病院にも提供予定。現行のペースでは半年以上の継続を見込んでいる。

プロジェクトに協力している会員企業は、米州住友商事、米国三井物産、日立アメリカ社、野村ホールディングアメリカ、SOMPOインターナショナル、大和証券キャピタル・マーケッツアメリカなど、34社(5月3日現在)。

同クラブ担当者は、「日々、過酷な状況でCOVID-19と奮闘している医療従事者たちを少しでも応援したいという気持ちから生まれたプロジェクトです」と話している。

なお同プロジェクトは一般からの支援も随時受け付けている。PayPalによるカード決済(寄附金控除の対象ではないので注意)。詳細は以下ウェブサイトを参照。

【問い合わせ】
www.nipponclub.org/event/lets-support-healthcare-workers/?lang=ja

<掲載: 5月4日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。