医療従事者に無料弁当 日本クラブがプロジェクト開始

日本クラブとニューヨーク商工会議所(JCCI)は、医療従事者に無料で弁当を届けるプロジェクト「Let’s Support COVID-19 Fighters!  NYの医療チームへお弁当を届けよう」をスタートした。

同クラブに勤務するシェフが、合計約4000個の弁当を製作する。5月7日から週1で、マウントサイナイ病院、アルバート・アインシュタイン医科大学モンテフィオーレ病院、コロンビア・プレスビテリアン病院など、ニューヨーク市内の各病院に配達。今後、郊外の病院にも提供予定。現行のペースでは半年以上の継続を見込んでいる。

プロジェクトに協力している会員企業は、米州住友商事、米国三井物産、日立アメリカ社、野村ホールディングアメリカ、SOMPOインターナショナル、大和証券キャピタル・マーケッツアメリカなど、34社(5月3日現在)。

同クラブ担当者は、「日々、過酷な状況でCOVID-19と奮闘している医療従事者たちを少しでも応援したいという気持ちから生まれたプロジェクトです」と話している。

なお同プロジェクトは一般からの支援も随時受け付けている。PayPalによるカード決済(寄附金控除の対象ではないので注意)。詳細は以下ウェブサイトを参照。

【問い合わせ】
www.nipponclub.org/event/lets-support-healthcare-workers/?lang=ja

<掲載: 5月4日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。

Vol.1070

ちまたで噂のCBDを有効活用

「CBD(シービーディー)」をご存知だろうか? 有効活用することでリラックス効果や安眠効果も得られるという、ナチュラル由来の成分。おうち時間も多い今、CBDを理解したうえでトライしてみては?