コロナウイルス症状 CDCが新たに6項目を追加

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者に見られる症状として、新たに6項目を追加した。4月27日付のNPRが伝えた。

これまで発表されていた症状としては、発熱(fever)、せき(cough)、息切れや呼吸困難(shortness of breath or difficulty breathing)など。今回新たに追加されたのは、悪寒(chills)悪寒に伴う止まらない震え(repeated shaking with chills)筋肉痛(muscle pain)頭痛(headache)喉の痛み(sore throat)味覚および嗅覚の消失(loss of taste or smell)

症状は感染から2〜14日後に発症することが多い。CDCは、緊急性の高い症状として、呼吸の乱れ(Trouble breathing)、持続する胸部の痛みや圧迫感(persistent pain or pressure in the chest)、意識障害(confusion or inability to arouse)、そして顔面および唇の蒼白(bluish lips or face)などが見られた場合、直ちに医療機関に連絡するべきとしている。

<掲載: 4月27日>

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。