日本→米国の国際郵便物 日本郵便が一部引き受けを停止

在ニューヨーク日本国総領事館によると、日本郵便は4月24日(金)から、日本から米国宛てに送られる国際郵便物の引き受けについてのルールを一部変更した。当面の間適用される見通し。

一時引き受けを停止するのは、EMS郵便物、小包郵便物、そして小型包装物および印刷物の通常郵便物。航空扱い、およびSAL(エコノミー航空)便扱いのものは、すでに停止済み。

船便扱いの小型郵便物と通常郵便物(小型包装物および印刷物)、そして書状・郵便はがき・盲人用郵便物などの通常郵便物は、引き受けを継続する(航空扱いおよびSAL便はすでに停止)。ただし、大幅な遅延が見込まれる。

詳細は、日本郵便の下記ウェブサイトを参照。
https://www.post.japanpost.jp/int/information/2020/0423_03.html

なお、FEDEX、UPS、DHL、OCSなどの国際宅配便業者の引き受け状況については、それぞれの業者に問い合わせること。

<掲載: 4月24日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1153

マインドフルに生きよう!

心や体を落ち着かせる効果があるとされるマインドフルネス。慌ただしく不安が尽きない日々の中で、生活に取り入れてみると少しは気持ちが楽になるかもしれない。すでに実践している人も未体験の人も、今号を読んでマインドフルネスについての理解を深めよう!

Vol. 1152

ニューヨークで学ぶ! 楽しむ! 子供の習い事 最新情報

新しい生活がスタートする5月。この時期に子供に習い事をさせたいと考える親も多い。子供向けの習い事教室の傾向や日米の違い、選ぶときの注意点やポイントなどについて、教育コンサルタントの船津徹さんに話を聞いた。

Vol. 1151

日本の手仕事

来る14日に開催されるジャパンパレードにちなみ、今号は日本の手仕事を特集する。日本の工芸やデザインをニューヨークに紹介してきた第一人者や、当地で活動する工芸作家、日本の無名作家を発掘する若きギャラリーオーナーに話を聞いた。

Vol. 1150

ニューヨーク、フードトラック最前線!

屋外でランチを楽しめる季節になってきた    ニューヨーク。テイクアウト需要が高まり、ますます進化を遂げているのがフードトラックだ。今号ではパンデミックの影響や近年のトレンドについて解説し、ニューヨークで楽しめるおすすめ のフードトラックを紹介する。