日本→米国の国際郵便物 日本郵便が一部引き受けを停止

在ニューヨーク日本国総領事館によると、日本郵便は4月24日(金)から、日本から米国宛てに送られる国際郵便物の引き受けについてのルールを一部変更した。当面の間適用される見通し。

一時引き受けを停止するのは、EMS郵便物、小包郵便物、そして小型包装物および印刷物の通常郵便物。航空扱い、およびSAL(エコノミー航空)便扱いのものは、すでに停止済み。

船便扱いの小型郵便物と通常郵便物(小型包装物および印刷物)、そして書状・郵便はがき・盲人用郵便物などの通常郵便物は、引き受けを継続する(航空扱いおよびSAL便はすでに停止)。ただし、大幅な遅延が見込まれる。

詳細は、日本郵便の下記ウェブサイトを参照。
https://www.post.japanpost.jp/int/information/2020/0423_03.html

なお、FEDEX、UPS、DHL、OCSなどの国際宅配便業者の引き受け状況については、それぞれの業者に問い合わせること。

<掲載: 4月24日>

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1093

暮らしのトラブルに強くなる!

水道詰まり、ネズミ被害、家賃交渉——他の人が経験しているあれこれ、自分に降りかかった時のことは考えてる? 今号は、住居にまつわる意外と忘れがちな自衛対策を紹介。

Vol. 1092

寒い冬だからこそあったかスープで芯まで温まりたい!

寒さの厳しいニューヨークの冬には温かいスープを! 外食規制のある現在、家で作れるスープレシピをマスターするも良し。オススメのスープのテークアウトもよし。寒い冬を乗り切ろう!

Vol. 1091

創作の世界「縫う、編む、織る人々」

刺しゅう、手芸、編み物、キルト、洋裁、和裁……。布と糸を使った創作は幅広いが、今号は、オーダーメードで制作するアーティストや教室で教える講師の「縫う、編む、織る」作品にフォーカス。オリジナル作品をオーダーしたり、自宅で実際に作ってみたりしながら、創作の世界を感じてみよう。

Vol. 1090

新規オープン店に見るNYC

「コロナ禍の今こそあえて」、あるいは「元々のオープン予定がずれて」などの理由で、2020年秋冬にニューヨークで新たにビジネスを始めたオーナーたち。オープンから数カ月経った今、その率直な現状を聞いてみた。