【写真レポ】アッパーイーストサイド〜ミッドタウン

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、アッパーイーストサイドからミッドタウンの街並みを紹介していきます。

 

 

アッパーイーストの5アベニューにある「グッゲンハイム美術館」。当初は4/30閉館となっていましたが、自粛期間延長となった今、再開の目処は未定です。

 

新緑の匂い漂う中、人通りがなく静かな住宅街。

 

マディソンアベニューと79丁目の交差点は、赤いチューリップとピンクの花が咲いています。

 

赤いチューリップが美しくて春らしい。

 

今年150周年を迎えた「メトロポリタン美術館」前は、休憩する人が階段に座って休んでいました。

 

アッパーイーストの住人たちも他エリアと同様に、スーパーマーケット前で整列。

 

シニア層が若干多いようですが、皆、静かに待ちます。

 

久しぶりの晴天だからか、通行車両が多いように見えました。

 

さらに徒歩でミッドタウンイーストまで移動。カフェはもちろん臨時休業中。

 

「ブルーミングデール」前も人通りが少なく、店内を覗いても真っ暗です。

 

同デパートの反対側(レキシントンアベニュー側)のショーウィンドウ。せっかく春服を着たマネキンたちも、誰もいない通りでは見てくれる人もいなくて、なんだかかわいそう。

 

化粧品専門デパートの「セフォラ」はオンラインストアで稼働中。店舗再開の目処は未定。

 

マディソンアベニューのブランドショップが立ち並ぶ通り。有名ブランド「TUMI」は、店内商品も全て下げており、がらんとした状態で、ここまで徹底していることに少し驚きました。

 

5アベニューへ移動。「ニューヨーク近代美術館」が見えてきました。

 

入り口にコロナ臨時休業のお知らせ。アートの見れないニューヨークは異様で悲しいですね。

 

「ニューヨーク近代美術館」のすぐそばにある、デザインストアも同様に臨時休業中。

 

他エリアに比べ、オフィスビルが目立つミッドタウンイーストは人通りがほとんどなく、ホームレスもちらほら見かける程度でとても静かでした。自粛解除となった時に、元のような活気が戻るかどうか、しばらくは時間がかかるかもしれません。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。