【写真レポ】街中のコロナ関連広告

編集部がマンハッタンの街並みを写真で紹介する「写真レポ」。今回は、コロナウイルス感染防止の電子広告に注目してみました。

 

<騒動拡大前>

感染者がまだ出始めの3月中旬、地下鉄にも普通に乗車していた頃は、下記のような広告で手洗いを推奨していました。

 

<感染拡大後>

感染が拡大し自粛を徹底するよう政府が呼び掛けると、通りの広告もコロナに。「LinkNYC」でもNYCと協力した広告が現在も引き続き流れています。

 

タイムズスクエア中心にあるマリオットホテルの電光掲示板には、ヘルスワーカー(医療従事者)に感謝する広告が。

 

エッセンシャルワーカー(出勤が必要な職業に従事している人)バージョンも。

 

「#NYSTRONG」のこの文字を見るだけで、ニューヨーカーはくじけない、負けない! という気持ちになれますね。

 

カウントダウンの時期にいつも注目を集める大型広告でも「Please Stay Home…」と呼び掛けています。

 

バス停の広告もコロナ関連。CDCの、ソーシャルディスタンスを徹底するよう呼び掛ける広告。

 

毎日夜7時は、医療関係者に感謝の気持ちを込める「クラップ(拍手)タイム」を勧める広告も。

 

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、5月15日まで外出自粛を延長しました。

まだまだ先は長いと感じるか、あと1カ月と思うかはあなた次第です。感染せずに過ごすことをモットーに、自粛生活中に自分にできることを、少しずつやっていきましょう!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1126

NYCマラソンが復活! おすすめランニングスポット

2年ぶりに開催されるNYCマラソン。今大会の概要やレースの魅力、ニューヨーク在住ランナーたちが紹介してくれるおすすめランニングスポットをチェックしてみよう。

 

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。