【写真レポ】タイムズスクエア〜5番街

前回に引き続き、マンハッタンの街並みを写真で紹介。

 

普段は観光客やブロードウェーで賑わうタイムズスクエアも、今は閑散としています。

電子広告の下にある店舗は「Closed」ばかり。警官、清掃員かホームレスしかいません。

 

「Tkts」前の階段は普段、観光客でいっぱいですが、今は閉鎖中。

この閉鎖中には、椅子とテーブルを使った「I❤️NY」のロゴも。
上空からでないと撮影できないので、歩いていても見えないのが残念。

(画像出典: タイムズスクエアのインスタグラム

 

普段は警官が多くいる警察署も、巡回中のパトカーのみ。

 

6月から復活予定のブロードウェーの劇場街。

 

42丁目にある映画館の再開も未定。「Temporarily Closed」の文字を見ると切ない気持ちに。

 

タイムズスクエアから5番街へと移動。途中通った「ラジオシティー・ミュージックホール」前も人通りがなく、たまに車が走るのみ。

 

クリスマスツリーやスケートをする観光客で毎年賑わう「ロックフェラーセンター」前のスケート場。警備員以外は、誰もいません。

 

クリスマスのイルミネーションで人気の「サックスフィフスアベニュー」も国旗だけが揺らいでいます。

 

 

 

行き交う車がほとんどなく、デリバリーマンの自転車だけがガラガラの通りを過ぎていきます。

 

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、「州内の感染がピークに達した」と言っていましたが、まだまだ油断は禁物。自粛生活にそろそろ飽きてきたという人も多いと思いますが、解除の発表があるまでもうしばらく耐えていきましょう。Stay at home!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1114

楽しい夏こそ紫外線対策!

太陽が燦々と照りつける毎日、外で楽しく遊べる季節だからこそ、きちんとした知識を持って、紫外線対策をしたいところ。紫外線に当たることで起こるさまざまな弊害も今号できちんと把握しておこう!

Vol. 1113

ちょっとそこまで  魅惑のシティーアイランド

ブロンクスにあるシティーアイランドは、シーフードやマリンスポーツをはじめ、のんびり散歩も楽しめるという魅力的な海辺の街。知る人ぞ知るリゾート地なだけに、訪れたことがないという人も多いかもしれない。そんなシティーアイランドの見所をたっぷりご紹介!

Vol. 1112

この夏は野球アツい!

野球大国であるアメリカ。シーズン真っ最中のMLBの観戦はもちろん、ここニューヨークでは日本人チームによる草野球も盛り上がっているようだ。そんな幅広い野球の魅力を今こそ語り合おう!

Vol. 1111

いよいよ経済再開! ニューヨーク復活へ

6月24日、ついにニューヨーク州の非常事態宣言が解除された。新型コロナウイルスのあらゆる制限が解除となり、約1年3カ月ぶりに本格的に経済再開を果たしたニューヨーク。街は復活に向け着々と進んでいる。