【写真レポ】タイムズスクエア〜5番街

前回に引き続き、マンハッタンの街並みを写真で紹介。

 

普段は観光客やブロードウェーで賑わうタイムズスクエアも、今は閑散としています。

電子広告の下にある店舗は「Closed」ばかり。警官、清掃員かホームレスしかいません。

 

「Tkts」前の階段は普段、観光客でいっぱいですが、今は閉鎖中。

この閉鎖中には、椅子とテーブルを使った「I❤️NY」のロゴも。
上空からでないと撮影できないので、歩いていても見えないのが残念。

(画像出典: タイムズスクエアのインスタグラム

 

普段は警官が多くいる警察署も、巡回中のパトカーのみ。

 

6月から復活予定のブロードウェーの劇場街。

 

42丁目にある映画館の再開も未定。「Temporarily Closed」の文字を見ると切ない気持ちに。

 

タイムズスクエアから5番街へと移動。途中通った「ラジオシティー・ミュージックホール」前も人通りがなく、たまに車が走るのみ。

 

クリスマスツリーやスケートをする観光客で毎年賑わう「ロックフェラーセンター」前のスケート場。警備員以外は、誰もいません。

 

クリスマスのイルミネーションで人気の「サックスフィフスアベニュー」も国旗だけが揺らいでいます。

 

 

 

行き交う車がほとんどなく、デリバリーマンの自転車だけがガラガラの通りを過ぎていきます。

 

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、「州内の感染がピークに達した」と言っていましたが、まだまだ油断は禁物。自粛生活にそろそろ飽きてきたという人も多いと思いますが、解除の発表があるまでもうしばらく耐えていきましょう。Stay at home!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。