【写真レポ】タイムズスクエア〜5番街

前回に引き続き、マンハッタンの街並みを写真で紹介。

 

普段は観光客やブロードウェーで賑わうタイムズスクエアも、今は閑散としています。

電子広告の下にある店舗は「Closed」ばかり。警官、清掃員かホームレスしかいません。

 

「Tkts」前の階段は普段、観光客でいっぱいですが、今は閉鎖中。

この閉鎖中には、椅子とテーブルを使った「I❤️NY」のロゴも。
上空からでないと撮影できないので、歩いていても見えないのが残念。

(画像出典: タイムズスクエアのインスタグラム

 

普段は警官が多くいる警察署も、巡回中のパトカーのみ。

 

6月から復活予定のブロードウェーの劇場街。

 

42丁目にある映画館の再開も未定。「Temporarily Closed」の文字を見ると切ない気持ちに。

 

タイムズスクエアから5番街へと移動。途中通った「ラジオシティー・ミュージックホール」前も人通りがなく、たまに車が走るのみ。

 

クリスマスツリーやスケートをする観光客で毎年賑わう「ロックフェラーセンター」前のスケート場。警備員以外は、誰もいません。

 

クリスマスのイルミネーションで人気の「サックスフィフスアベニュー」も国旗だけが揺らいでいます。

 

 

 

行き交う車がほとんどなく、デリバリーマンの自転車だけがガラガラの通りを過ぎていきます。

 

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、「州内の感染がピークに達した」と言っていましたが、まだまだ油断は禁物。自粛生活にそろそろ飽きてきたという人も多いと思いますが、解除の発表があるまでもうしばらく耐えていきましょう。Stay at home!

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1088

新型コロナ時代のサバイバルエクササイズ

2021年を迎えても新型コロナウイルスの猛威はなかなか鎮まらない。寒さも合間って自宅での巣ごもりが続くが、ここで運動不足になって抵抗力が落ちてしまうと本末転倒。そこで、今回は自宅でできるエクササイズと、その補助ツールやティップを紹介する。

Vol. 1086

まだまだ激動のコロナ渦教育

ニューヨーク市内の再度のシャットダウンも、いよいよ現実味を帯びてきた。リモート勤務に慣れてきた大人がいる一方、子供、そして親は、対応が二転三転する学校教育に戸惑いを覚えっぱなしだ。今、何が起こっている?

Vol. 1085

冬の乾燥対策で不安を撃退!

寒さが厳しくなるなか、新型コロナウイルスの猛威が再び押し寄せている。冬季は今まで以上にウイルスのまん延が懸念されているため、乾燥対策が重要だ。冬の乾燥対策でさまざまな不安を撃退しよう。