【写真レポ】自粛令前とその後のニューヨーク

3月22日夜8時から発令された屋外自粛令で、ニューヨークの街は様変わりしました。

編集部は発令前から現在まで、街の様子を一部ではありますが撮影しています。


発令前

3月16日

在宅勤務がすでに推奨されていたため、夜の42丁目タイムズスクエア駅は、ほぼ人がいません。

観光名所のタイムズスクエア階段前には、行き場を失くした観光客の姿が。


3月19日

レストラン、ファストフードは、デリバリーやテイクアウトのみ。トイレットペーパー不足問題に便乗した店も現れました。

3月21日

休日というのに、ブルックリン橋もほとんど車が走っていません。

ブロードウェーの人気作品「ハミルトン」の劇場前も静まり返っています。

5番街39丁目付近も他と同様、人通りがない状態。

3月22日

編集部 の近所のランドリーも2週間閉店。その他近隣もドロップオフ、ピックアップのみに変わり、セルフサービスでの営業店は少数に。

アパート入口ドアに手洗いなどの注意点を記載した貼り紙も。

発令後

3月24日

コロンバスサークルのタイムワーナー地下にある、ホールフーズ入口。入店人数を制限し、入店待ちの人で行列が。他スーパーも同様ですが、買い物は必要不可欠な際のみの外出に留め、外出の際は、店舗ウェブサイトやSNSなどで事前に確認ください。ちなみに、デリは比較的どこもすぐ入れます。

リンカーンセンターは閉鎖中。パフォーマンスは5月17日まで、ニューヨーク・フィルは6月13日まで公演中止発表。

晴天のこの日、自宅にじっとしていられないニューヨーカーたちは、セントラルパークに溢れており、よく見かける週末の光景のようでした。1.8m間隔を保つということはどう考えても難しい…。

こういった市民の行動に対し24日、ビル・デブラシオ市長は、「28日夕方までに公園閉鎖などの、さらなる決断を下さざるを得ない」と発言をしています。


このウェブサイトでは、室内でできる運動などの情報も提供しています。限られた室内空間での生活は辛いと思いますが、一刻も早く事態を終息させるためにも、政府の指示を守り行動しましょう。

編集部では、街の日常の様子を今後も伝えていきたいと思います。

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。