夏ファッションをとことん楽しむ!

ニューヨークもいよいよ夏到来!
燦々(さんさん)と照りつける太陽の下でアクティビティーを楽しむためにも、TPOに合わせて、夏のファッションをちょっと工夫してみませんか?


 

リゾート地に音楽フェス‥‥‥何を着る?
シーン別、夏の装い

寒い冬が長いニューヨークだけに、これからの季節は外に出てアクティブに活動したい! だが、夏の屋外アクティビティーと一言で言っても千差万別だ。モントークやハンプトンのようなリゾート地で過ごす日や、市内の公園でのんびりする日、屋外の音楽フェスティバルで盛り上がる日もあるだろう。

バケーションにメリハリ

夏の休日のデスティネーションとして欠かせないのは、やっぱり海。人々がニューヨークから足を伸ばして訪れる人気デスティネーションといえば、ロングアイランドのハンプトンだ。

セレブにも愛されるハンプトンは高級リゾート。滞在中はエレガントな装いを心掛けたい。日差しの強い夏の海辺は、ツバの広いストローハットが映える。落ち着いたアースカラーでリネン素材の服もリゾートにマッチする。

一方、ディナータイムは、男性ならきちんとプレスされたシャツ、女性は軽やかで明るい色のロングワンピースでビシッと決めて。

また海といえば、ブルックリン区にあるコニーアイランドもオススメ。ビーチとテーマパークが隣接していて、家族連れや若者に人気のエリアだ。

 

「サマーステージ」(写真)や「ワームアップ」などの屋外音楽イベントでは、動きやすい服装を心掛けよう

 

市内でも夏を満喫!

遠出の時間がない人は、市内公園での屋外アクティビティーをチェック。セントラルパークをはじめ、マンハッタンやブルックリンの各公園でイベントが催される。セントラルパークでは屋外音楽フェス「サマーステージ」があり、各公園でも夜空の下で映画を見る「ムービー・アンダー・ザ・スターズ」が予定されている。

 

 

夏はセントラルパークも盛況!

 

「サマーステージ」(写真)や「ワームアップ」などの屋外音楽イベントでは、動きやすい服装を心掛けよう

 

人が密集する屋外では、動きやすく快適な格好が必須。トレンドのスポーツミックスが取り入れやすい。汗をかくことも多いため、「吸汗即乾」や、肌に触れた際にヒンヤリする「接触冷感」などの素材は要チェック。リネンなどの天然素材が、吸湿性、通気性に優れている。

踊ったり走ったり、激しく動く場所では、サンダルは足首をホールドできるタイプを選ぶと、危険性も低く歩きやすい。


今年らしく着こなす

今シーズンのトレンドはビタミンカラーにスポーツミックス、リゾート風リネンなどが挙げられる。ちょっと取り入れるだけで、夏の外出がオシャレに、楽しくなること間違いなし。次ページでは、それぞれのアイテムの使い方をご紹介。

 

ページ: 1 2 3

関連記事

②購入の流れ

今月のテーマ:不動産購入の基礎 気に入った不動産物件を見つけたら、不安要素を一つずつ確認し、購入に向

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)