夏ファッションをとことん楽しむ!

ニューヨークもいよいよ夏到来!
燦々(さんさん)と照りつける太陽の下でアクティビティーを楽しむためにも、TPOに合わせて、夏のファッションをちょっと工夫してみませんか?


 

リゾート地に音楽フェス‥‥‥何を着る?
シーン別、夏の装い

寒い冬が長いニューヨークだけに、これからの季節は外に出てアクティブに活動したい! だが、夏の屋外アクティビティーと一言で言っても千差万別だ。モントークやハンプトンのようなリゾート地で過ごす日や、市内の公園でのんびりする日、屋外の音楽フェスティバルで盛り上がる日もあるだろう。

バケーションにメリハリ

夏の休日のデスティネーションとして欠かせないのは、やっぱり海。人々がニューヨークから足を伸ばして訪れる人気デスティネーションといえば、ロングアイランドのハンプトンだ。

セレブにも愛されるハンプトンは高級リゾート。滞在中はエレガントな装いを心掛けたい。日差しの強い夏の海辺は、ツバの広いストローハットが映える。落ち着いたアースカラーでリネン素材の服もリゾートにマッチする。

一方、ディナータイムは、男性ならきちんとプレスされたシャツ、女性は軽やかで明るい色のロングワンピースでビシッと決めて。

また海といえば、ブルックリン区にあるコニーアイランドもオススメ。ビーチとテーマパークが隣接していて、家族連れや若者に人気のエリアだ。

 

「サマーステージ」(写真)や「ワームアップ」などの屋外音楽イベントでは、動きやすい服装を心掛けよう

 

市内でも夏を満喫!

遠出の時間がない人は、市内公園での屋外アクティビティーをチェック。セントラルパークをはじめ、マンハッタンやブルックリンの各公園でイベントが催される。セントラルパークでは屋外音楽フェス「サマーステージ」があり、各公園でも夜空の下で映画を見る「ムービー・アンダー・ザ・スターズ」が予定されている。

 

 

夏はセントラルパークも盛況!

 

「サマーステージ」(写真)や「ワームアップ」などの屋外音楽イベントでは、動きやすい服装を心掛けよう

 

人が密集する屋外では、動きやすく快適な格好が必須。トレンドのスポーツミックスが取り入れやすい。汗をかくことも多いため、「吸汗即乾」や、肌に触れた際にヒンヤリする「接触冷感」などの素材は要チェック。リネンなどの天然素材が、吸湿性、通気性に優れている。

踊ったり走ったり、激しく動く場所では、サンダルは足首をホールドできるタイプを選ぶと、危険性も低く歩きやすい。


今年らしく着こなす

今シーズンのトレンドはビタミンカラーにスポーツミックス、リゾート風リネンなどが挙げられる。ちょっと取り入れるだけで、夏の外出がオシャレに、楽しくなること間違いなし。次ページでは、それぞれのアイテムの使い方をご紹介。

 

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1030

観なきゃソン!
全米オープンテニス

世界4大大会(グランドスラム)の一つとなる、全米オープンテニス。世界的に有名な選手たちの試合が間近で観れる、数少ない機会を利用し、ぜひコートへ観戦に行ってみよう。知っているようで意外と知らない!? お得な情報と共に、今回は大会の魅力を紹介していく。

 

Vol.1029

華麗にこなしてステップアップ
ジャピオン読者の出張事情

普段から慣れない米国で頑張る社会人にとって、見知らぬ土地でビジネスチャンスを決めるのはひと苦労。今号は、そんな読者をほんの少し手助けする特集です。

Vol.1028

まだ間に合うよ!屋外サマーイベント

いよいよ8月に突入!一年の中でもイベントの多い夏は、気軽に行ける屋外イベントが目白押し。「忙しくてまだどこにも行けていない」という人のために、今号は「演劇」、「映画」、「音楽」とジャンル別に分けて紹介していく。(文=音成映舞)

Vol.1027

大都会にも星はある

高層ビルと人であふれたニューヨーク、下ばかり見て歩いていない?野外にいる時間が長くなる夏こそ、夜空の美しさを楽しもう!今号は、ジャピオンがニューヨーク市内で天体観測にトライ。