読者参加型「ペット自慢」特集!

読者からペット写真を募り、大いに自慢してもらおうというこの企画。犬猫はもちろん蛇や魚まで、ニューヨーク市と近郊在住の「おペット様」が紙面で大集合!

 

獣医師・添田先生のペットって?

「みんな僕の元患者です!」

本紙でもおなじみ、ニューヨーク市在住の獣医師・添田晋吾先生に、いつもはペット医療について話を聞くが、今回は自身のペット自慢をしてもらった。これからペットを飼おうという人にアドバイスも一言。

 

__小型犬が2匹いるそうですが、飼うことになった経緯は?

添田先生 
うちの子は、ヨークシャーテリアのチビ太(10歳オス)と、マルチーズ・ミックスのルル(10歳メス)です。2匹とも、元は僕の患者でした。

チビ太は、推定2カ月のときに初来院。飼い主が南米コロンビアから連れて来たそうで、症状は低血糖と栄養失調でした。ぐったりした状態で3日連続の来院。3日目に飼い主の親が同行してきて、「お金も時間もないから」と言い、クリニックで引き取ることに。最終的にうちで引き取ることにしました。

ルルも月齢8カ月で、毛はゴワゴワ、体はヘロヘロ状態で来院しました。明らかに意識の低い飼い主で、挙句に「この犬要らない」と言いだす始末。すでにうちにはチビ太がいたので不安はありましたが、2匹は会った瞬間に意気投合。奇跡の瞬間でした。以来、大の仲良しです。

 

添田先生(右)一家。ヨークシャーテリアのチビ太とマルチーズ・ミックスのルルと。先生はヒューメンソサエティーNYのクリニック(306 E. 59th St./TEL: 212-752-4840/humanesocietyny.org)勤務

 

__ペット自慢をするとしたらどんな点ですか?

添田先生
2匹とも、とてもフォトジェニックです。僕が手を上げて「ルック(Look)!」と言うと、必ずこっちを見るので、写真はいつもカメラ目線! これが自慢といえば自慢です。

 

__以前ウサギを飼っておられたと思いますが。

添田先生
チビ太とルルが来る前は、ウサギのドミーニョ、ムクドリ(市内でよく見掛ける野鳥)のビビ、インコのピヨピヨがいました。ピヨピヨは妻が町でレスキューしたものですが、ドミーニョとビビはクリニックに保護された元患者です。当時猫を飼っていなかったクリニックスタッフが僕だけで、「ムクドリはお前が連れて帰れ」と言われ…。

ビビは野鳥ですが、幼鳥から僕が育てたので、立派な手乗りムクドリになりました。それを見たピヨピヨがヤキモチを焼いた結果、これも手乗りに。争って僕の肩に乗ってくるのが、もう可愛くて。

 



 

__患畜や町中レスキューからペットへ。獣医さん一家の宿命でしょうか?

添田先生
動物愛護団体内クリニックの勤務なので、職業柄という部分は確かにあると思います。でも、過去・現在のうちのペットを見て、つくづく縁のものだな〜と思います。これからも動物たちとの縁を大事にしていきたいですね。

 


●先生から一言● 
「ペットを飼う覚悟はありますか?」

「一人暮らしで寂しい」「犬の散歩で運動不足を解消したい」「猫は犬より楽」と、安易な気持ちでペットを飼おうと思っている人は、一度立ち止まって考えてほしいです。犬は躾(しつけ)が必要ですし、飼い主が長時間労働の場合はデイケアに預ける・シッターを雇うなど、そのための経済力も必要になります。年に一度の健康診断や、いざという時の医療費の蓄えも必要。きちんと覚悟を決めてから、自分のライフスタイル(部屋の広さや、労働時間、家族構成など)に合ったペットを家族に迎えてください。日本への帰国予定がある人は、8カ月はかかる検疫準備も念頭に入れて。そして覚えておいてください。躾とは、8割が飼い主のトレーニングです。

 


セミナー「猫の健康管理のための正しい知識」
JASSI主催、添田先生が講師(参加費$20)
6月28日(金)6-8pm
WeWork Grand Central (450 Lexington Ave., 4th Fl.)

【申し込み】
jassinyevent@gmail.com

 

 

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1043

はじめての
ターキー物語。

感謝祭まであと少し。今回は料理研究家、ネイチャーマン初音先生によるターキー(七面鳥)の伝統料理と簡単バージョンを紹介する。

 

Vol.1042

今日からとり入れる
秋冬おしゃれのミニヒント

季節の変わり目に合わせて、外見もアップデートしよう!今号は、ジャピオンにゆかりのあるオシャレのプロたちに、秋冬を楽しむちょっとしたコツを聞いた。

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)