④エリア別の特徴

今月のテーマ:不動産購入

適切な不動産を購入するためには、そのエリアの特色や市場動向を把握していなければならない。今号は、市内各エリアの特徴と、知っておきたい情報を紹介する。

 

Q. マンハッタンの不動産マーケットの特徴はなんですか?


A.

現在の不動産マーケット(以下、便宜上コープも含む)は2極化が進んでいます。

例えば高額のニューデベロップメント(新築)マーケットはスローダウンしており、様子見の状態が続いています。一方、リセール(中古)物件を中心に、買いやすい価格帯の物件は相変わらず激しい動きを見せており、値ごろ感のある物件には複数のオファーが入るという状況は変わっていません。

そのため、物件の種類やセラーの状況などを把握し、適切なタイミングで適切な交渉をしていくとともに、必要があれば素早い動きが取れるように入念な準備を行っておくことが不可欠です。

 

 Q.ブルックリンの物件市場の特徴は?


A.

マンハッタンと比べ、大型のニューデベロップメントが少ないブルックリンでは、相変わらず物件不足が続いています。そのため、コープ、コンド、タウンハウスと物件の種類に関係なく、適正価格である物件に関しては、物件が市場に出れば右から左に売れる状況が続いています。

ただし、以前のような完全な売り手市場ということはなく、高値を付け過ぎていることにより、いつまでも買い手がつかずマーケットに残っている物件も目立ってきています。

マンハッタン同様、賃貸率が7割近いブルックリンは、物件維持コストがマンハッタンより低いこともあり、投資目的の物件もコンスタントに動いています。特に150万ドル前後のタウンハウスは人気です。

ブルックリンはあらゆるエリアで変化が進んでいるので、丁寧に探していけば自宅用でも投資用でもいい物件が見つかるはずです。

 

Q.クイーンズの物件市場の特徴は?


A.

アマゾンの第2本社の誘致で揺れたクイーンズですが、ロングアイランドシティーを中心としたマンハッタンに近いエリアでは、新築・築浅のコンドが建ち並び、既に「ブルックリン価格」が付けられている状況です。

マンハッタンに近いという利便性が魅力ですが、買い物やサービス、学校や公園など、必要な生活インフラが整っていないエリアが多く注意が必要です。また購入価格に対して賃料を高く付けづらいことも頭に入れておきましょう。

一方、ジャクソンハイツやフォレストヒルズなど、マンハッタンからある程度距離があるエリアでは、コープを中心に、マンハッタンやブルックリンより圧倒的に安価な物件が多く見つかります。エリアやサイズによりますが、100万ドル以下の一軒家を購入することができるのも、クイーンズの魅力といえます。特に車があって駅から近くなくてもいいような場合は、庭付きのすてきな一軒家を手に入れることも、十分可能です。

 

Q. ニューヨークで物件を購入する場合の考え方は?


A.

物件の購入プロセスは一筋縄では行かないことも多くあります。そういった意味では、物件探しや購入プロセスの途中で意思や目的がぶれないように、「賃貸をやめて購入をする」ということの意味を事前にしっかりと理解してスタートすることが大切です。そのために、専門家のアドバイスやネットワークを大いに活用して、すてきな物件の購入をしていただきたいと思います。

 

〈おことわり〉
当社は記事内容に関して一切の責任を負いかねます。詳細は各専門家にご相談ください。

 

 

 

1016_spe_Testuo-Matsumoto

松本哲夫●ニューヨーク州公認不動産エージェント。ニューヨーク市最大手不動産会社の一つ、コーコラングループに勤務し、マンハッタン、ブルックリン、クイーンズで年間20件以上の不動産の売却と購入を手掛ける。自身も不動産投資、大家業を行う、当地での不動産のプロフェッショナル。2児の父で、学校事情にも明るい。

 

Tetsuo Matsumoto, Licensed Real Estate Salesperson

TEL:914-374-7195
MAIL:ted.matsumoto@corcoran.com
WEB:http://nycfudosan.com/

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)