NYで再発見! 日本のふるさと 【京都府編】

1019-kenjinkai_1

ニューヨーク京都倶楽部
会長 石田貢(いしだ・みつぎ)さん/京都市出身
発足: 2015年(約320人)
参加条件: 京都出身、ゆかりがある、京都が好き、など
会費: 無料
入会申請・問い合わせ:
nykyotoclub@gmail.com (吉田・石田宛)
taecochan@gmail.com (石田多叡子)
Facebook: newyorkkyotoclub


2018年 活動実績
1月 新年会
5〜6月 着物着付クラス開催(4回)
8月 夏の浴衣祭会


2019年 活動
毎月第2水曜日 酔曜会開催
2月 新年会
8月 クルーズで夏の浴衣会予定


ゆかりのお店など
・裏千家茶の湯センター
urasenkeny.org
・池坊(いけのぼう)ニューヨークシティー支部
norinodanyc.com/ikebana
・一保堂茶舗
125 E. 39th St./ippodo-tea.co.jp/shop/ny.html
・任天堂ニューヨーク
10 Rockefeller Plaza/nintendonyc.com


【京都と言えば】
「日本の長い歴史の中で古くから文化・芸術・政治の中心地として伝統と革新に出合う街。幅広い分野で活躍する芸術家とビジネスが融合する街。伝統産業と先端産業の融合。学生の多い学芸と産学協同の街。ノーベル賞受賞者の多い街。行ってみたい街として世界人気都市No.1に選ばれる街」と枚挙にいとまがない石田さん。具体的には下記参照。
歴史ある建造物の多さ…平安神宮・清水寺・伏見稲荷・金閣寺・南禅寺・八坂神社など
歴史的な祭や行事の継続…祇園祭、時代祭、葵祭、大文字送り火、都踊りなど
海も山も街にもあふれる四季折々の美しい自然…嵐山、天橋立、伊根の舟屋、保津渓谷、鴨川など
歴史ある伝統産業…西陣織、丹後縮緬(ちりめん)、京友禅、京扇子、京漆器、京焼、京象嵌(ぞうがん)など
食べ物…京料理、京野菜、京菓子、京漬物、京のぶぶ漬け、おばんざいなど


【NYで感じる京都】
「随所に」
「ブルックリン植物園。セントラルパークの桜と紅葉。園内のNorth WoodsやHallett Nature Sanctuaryを散策して感じる自然。多くのアーティストたちを生み出している街の気質」など多様な共通点があると話す石田さん。「ある人はお父さんが遊びに来た際、『パークアベニューは京都の烏丸通と似ている。さまざまな会社が立ち並ぶ目抜き通りが烏丸通みたい』と話していたのを思い出します」。


【故郷は今】
794年の平安京遷都から明治維新、東京遷都までは政治の中心となってきた。その後も日本文化・芸術を生み出す中心地であり、2020年には文化庁が京都に移転することになっている。「伝統と革新」の京都という血は脈々と流れている。

ただ最近は、海外資本が「町家」を買いあさり、街並みや景観の破壊などが懸念される。また、外国人観光客の急増で、混雑やマナー違反のトラブル、レンタルショップ乱立で「冬に浴衣」を着て街を歩き回る姿に違和感を覚える人も多い。「これらは、京都に限らず日本各地で起こっていることで、来年の五輪に向け、日本文化の質や価値を下げず、いかに折り合っていけるかが課題です」(石田さん)。

 

 

1019-kenjinkai_3

夏の浴衣会

 

1019-kenjinkai_2

春の花見会

 


掲示板
・〜5月26日(日)
瀬戸内国際芸術祭
場所: 瀬戸内の島
・5月31日(金)午後7〜9時
秋田酒クラブ・春の利き酒会
場所: 日系人会(49 W. 45th St.)
問い合わせ: sunpop@att.net
※予定は変更になる可能性があります

 

 

関連記事

②購入の流れ

今月のテーマ:不動産購入の基礎 気に入った不動産物件を見つけたら、不安要素を一つずつ確認し、購入に向

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)