グローバル時代の子育て

その35 子供の習い事 競争に参加させる!

 

グローバル化は「競争の激化」を意味します。これからの時代の子育てでは、競争に負けない「強い心」の育成を何よりも優先することが大切です。

最近の日本は子供から競争を避ける傾向があります。運動会の徒競走で「みんなが手をつないで同時にゴール」はその一例です。

しかし、競争を避けてしまうと、子供が「目標に向かってがんばる」という意欲が育ちません。また大切な「自信」を得ることができません。

私自身は、教育に競争は不要、しかし、習い事での競争は子供の「強い心」の育成にとって必要なプロセスであると考えています。


競争で「強み」を
知ることができる

 

競争に参加させる目的は、相手を打ち負かす方法を教えることでも、優劣感覚をたたき込むことでもありません。

子供を競争に参加させる目的は大きく二つ。

一つは、競争を通して自分の「強み」に気づかせるためです。自分の「強み」を知り「強み」に磨きをかける。それを自覚させるためには競争が必要です。

二つ目は、困難に立ち向かう力、敗北から立ち上がる力、プレッシャーの中で実力を発揮する力など、「強い心」を育てるためです。

もちろん競争すれば、敗者になることもあります。徒競争で負ければ、「足が遅い」という現実を突きつけられるでしょう。

しかし、それも子供にとって必要なことなのです。「自分は足が遅い、だから他でがんばろう!」と思考を転換するきっけかになります。

 

1019-global_1

 

競争させないと何となく大人になる

自分の「強み」も「弱み」もよく分からないまま成長していくと、進学や就職で失敗することにつながります。なんとなく大学に通い、なんとなく就職する。「自分のことが分からない」まま働き、なんとなく転職を繰り返してしまうのです。

学生時代にスポーツ、音楽、演劇などを精一杯やってきた子供は、自分の「強み」が分かっています。自分の性格や能力を理解しているので、自分にとってプラスになる仲間や職業を選べるようになります。

競争とは子供がグローバル社会に出るためのトレーニングと捉えましょう。子供時代に競争と向き合う訓練をさせない、子供を守ろうとしてしまうことの方が、親としては無責任です。

 

子供の強みに合った競争に参加させる

 

子供の習い事を選ぶ時は、子供の「強み」に目を向けることが大切です。どんな小さなことでもいいですから、人よりも優れた面、人とは違う面を一つ伸ばしてあげると、子供の自信は倍増します。

子供の「弱み」を克服しようと習い事に参加させてもうまくいきません。親が子供の特性を見極め、強みを伸ばせるような習い事を見つけてあげると、子供はたくましく成長していくのです。

子供は自分で自分の「強み」に気付くことはできません。一番身近な存在である親が「強み」を教えてあげてください。「あなたはこんなところがすごいよ」ともっと子供に伝えましょう。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)