古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

「ブルックリンブルワリー」壁画作家 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 049)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことやまだまだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。今週は番外編として、アーティストの中山誠弥さんを紹介します。



「ブルックリンブルワリー」壁画作家

本コラム、50回目を迎えました。これを記念し、ブルックリンにゆかりのある話題の人物を紹介します。


生徒に誇れる生き方を

中山誠弥さんは大人気のブルワリー「Brooklyn Brewery」の壁画を描いた、ブルックリン在住の画家です。先日同店で飲んでいた時、日本のエッセンスが散りばめられ、かつ自由や愛、温かみを感じるすてきな作品が描かれていることに気付きました。作品は12月11日から公開されています。「ここのビールが好きでよく飲みに来るので光栄です」。

もとは地元大阪の芸大を卒業し、中学の美術教師でした。

「画家は憧れだったけど、日本では『落ち着けよ』といわれる、現実味のない職種として捉えられます。ある日、教師仲間の1人がニューヨーク留学することに。当時チェルシーがどこかも知らなかった自分に、『この街にはビジネスとしてのアートの市場がある』と教えてくれました」

担任として卒業生を送り出した後、「生徒に誇れるような生き方をしたい」と、移住の一大決心をして、8年前に来米しました。

地下鉄で向かい合わせに座った人の表情など、普段よく目にするものが題材になっている

 

「Brooklyn Brewery」の壁画の一部。「バックグラウンド(キャンバス)が本来の色。本来の姿を掘り起こしているんです」

日本橋の新旗艦店も

これまでは岩絵具などを使い、現代版の日本画を描いてきました。しかしマスキングテープをカッターでカットし、白線を残す作風に変えたところ、同ブルワリーの目に留まるなど、新たな風向きに。ブルワリーの作品は「差別のない世界、環境問題に取り組みたい先方と、自分のフィロソフィーを共有したものです」。

スタジオにも最新作がいくつか。「普段、何気に見ているものでも、意外ときちんと向き合っていないと考え直した。丁寧に生きることが今の自分のアートの原点です」。例えばスマイリーフェイスのプラスチック袋の絵は「環境に悪いのに、何で笑顔でのんきに『Have a nice day』か? と思ったのが創作の発端」。世の中に存在する滑稽なコントラディクション(矛盾)が題材のようです。

東京・日本橋に2月1日、同ブルワリーの国外初の旗艦店「B」がオープンし、そこでも絵を描くそうです。どんな作品がお目見えするのか楽しみです。

 

ブッシュウィックのアーティストスタジオにて

 

画家の中山誠弥さん。環境問題にも関心を寄せ、大人と子どもが環境などについて一緒に学ぶ活動団体「コペルズ」のメンバーとしても活動中

 

 

All Photos © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)