第 5回 花で楽しむクリスマス 

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第 5回 花で楽しむクリスマス

クリスマスシーズンの到来ですね! 生花店にとって、1年で最も忙しい時期でもあります。当店のアレンジメントでは、花のアクセントとして普段はレモンリーフやユーカリなどの緑を使いますが、クリスマス感を出すならマツの木(エバーグリーン)です。生のマツは、なんといっても香りがいいですよね。垂れ下がるマツやピンとたったマツなど、質感や色が異なるものがたくさんあるので、この時期は店に2、3種類、常備するようにしています。

マツの実も、アレンジのアクセントとして使えます。

季節の切り替えを表現

ハロウィーンから11月末の感謝祭までは、街はとにかく茶色やオレンジだらけですが、クリスマスシーズンには赤と白、ゴールドなどに切り替わります。

ただ、赤と白の組み合わせは、うまく考えないと少々安っぽく見えるのが難点。私は白と緑でエレガントにまとめたり、あるいは赤一色でそろえます。同系色でも、質感や形が異なるとメリハリが出ますよ。

この時期は南半球から来る、ラナンキュラス(Ranunculus)やシャクヤク(Chinese Peony)が見頃なので、取り入れたいですね。上質で最高のコンディションのシャクヤクは、1本で抜群の存在感! 大きさでは、バラ4本分の価値があるかもしれません。

またこの時期は、アマリリス(Amaryllis)がよく出回ります。1本に大輪の花が数個咲き、華やかですが、他の花と一緒にアレンジするには難しいかもしれません。鉢物で、単独で楽しむのもお勧めです。

ホリデーといえば緑!

リースといえば針葉樹! 緑の葉でぎっしり覆われたモコモコのものがよく売られているので、当店で作る際は少しルースにしたり、華奢(きゃしゃ)にしてみたりと、ナチュラルかつ洗練された形に作るようにしています。お好みで、隙間にマツの実やオーナメントを添えてもかわいいですね。

街の軒先にも多く飾られるガーランドは、自宅の窓辺や扉、暖炉周りに置くと、グッとホリデー感がアップします。花瓶の花と異なり、基本的には水やりも手入れも不要。持ちもいいので、置いておくだけで12月中ずっと楽しめますよ。

この時期には、表が光沢ある緑、裏が茶色の、マグノリア(Magnolia)の葉も活躍しますよ。

 

 

今週のアレンジ

同系色をあわせて、品良くまとめる

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)