巻頭特集

文化震源地 サウスブロンクス

 

03 ブロンクス・ドキュメンタリー・センター

ニューヨークタイムズ紙のフォトグラファーだったマイケル・カンバーさん(写真下)は、アフガニスタンからアメリカに戻ってきた2011年に退社し、ブロンクスのランドマークビルディングを購入。未来の写真家の育成のための非営利団体「ブロンクス・ドキュメンタリー・センター(BDC)」を立ち上げた。

建物はサウスブロンクスの中心駅、地下鉄149ストリート/3アベニュー駅から徒歩5分に位置している。1階は展示室として一般開放され、2階より上は暗室や図書室など、教育プログラムに必要な設備をそろえている。

BDCは、写真の展示会やドキュメンタリー映像作品を、常時無料公開している。また公開講座を通じて、正義、教育、コミュニティー構築、前向きな社会変化などをテーマに取り上げている、国際的に著名な気鋭の写真家、映画製作者や、その作品を紹介している。

 

コミュニティーを教育

地元の中・高校生、シニア向けに、フォトジャーナリズムや映画制作、ドキュメンタリー写真のスキルトレーニングを無料提供する活動も行っている。これらのクラスでスキルを培った、65歳から90歳のブロンクス・シニアリーグのメンバーが、来年2月まで特別展示「Bronx Photo Bronx Senior League Exhibition」を開催中。家族や友情、コミュニティーを通してブロンクスを紹介する。さまざまなバックグラウンドを持つシニアの目がとらえたブロンクスは味わい深く、「ブギーダウン」というこの街の異名とはまた違う一面を知ることができる。映像の持つ力を最大限に生かすBDCで、ニューヨークの生の声を体感しよう。

 

 

 

 

 

 

 

ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)