冬をカラフルに彩る 花のあるくらし。(第2回)

毎日をちょっと楽しく、ちょっと華やかに。

生花の専門家が、花を楽しむティップを毎週紹介します。



第2回 良い花・悪い花

生花は、専門店はもちろん、スーパーやデリなど、ニューヨーク市内のあちこちで売られています。ただ、どこで買っても同じ︱︱というわけではなく、仕入れルートごとに花の質は大きく変わるものです。

私の店で扱う花は、輸入前に原産国で厳しいスクリーニングが行われているので、一定以上の質のものだけが届きます。

そして店舗では1日1、2回、茎をカットしたり水を入れ替えたりして新鮮さを保ち、できるだけ長く、最高のコンディションを維持できるように、管理しています。

安い花は気軽だけど…

一方、デリやスーパーマーケットで売られている花は、ほとんどが南アメリカ産。多少グレードが下がるカーネーションや、菊、低品質のバラなどです。季節によっては、シャクヤク(Chinese peony)なども、デリで手軽な値段で売られていることもあります。

いずれも、比較的持ちのいい花が多いのですが、生花店の様にひんぱんに手入れはされませんので、店先でどんどんしおれていってしまっています。

値段設定はかなり低いですのでお手軽ですし、食料品の買い出しのついでに、家に花を、という場合は、大いに利用する価値はあると思いますよ。

ただ、花の大きさ、色合いの良さ、花弁の多さなど、総合的に見ると、やっぱり生花店にあるグレードの高いものの方が、格段に良いのです。

ベストの原産地で育った、質やコンディションの良い花が欲しい、などという場合は、やはり花のプロである私たちのいる、生花店を利用することをオススメします。

 

 

つぼみに「見える」花?

ちなみに、デリなどで花を買うときに、硬く閉じた状態の花、たまにありますよね。「これから咲くかもしれない!」とお得に感じるかもしれませんが、これも「そう思わせる」ためのトリックであることが多いので、注意です。

収穫された状態で未熟なつぼみだった場合、咲かせるためには、かなりこまめな手入れをしなければなりません。あるいは、そこから咲くことのない花かも。また、粗悪な花を扱う店によっては、開いてしまった外側の花弁を取り、芯だけ残した状態で売っているところもあります。

 

今週のアレンジ

同系色をあわせて、品良くまとめる

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)