①移住地としてのハワイ

今月のテーマ:ハワイの不動産

今月の「スペシャリストに聞く」は、移住地や別荘地としても人気の高い、ハワイについて不動産の専門家が解説する。まずは、ハワイという土地と現地市場の最新情報を理解しよう。

 

Q. ハワイ生活には、どのような特徴がありますか?


A.

ハワイが好まれる最大の理由の一つは、なんといっても気候の良さではないでしょうか。昼夜の気温差が少ないのが特徴です。気候も暑過ぎず、寒過ぎない状態が、1年通して続きます。

また人種の内訳がニューヨークとは大きく異なり、外国人は暮らしやすいと思います。ニューヨークでは、ストリートやエリアで居住者の人種が分かれていることがありますが、ハワイではその境界線が薄く、文化・民族共に、程よく混在しています。

ハワイ生まれの日系人も多い他、日本人によるコミュニティーもありますよ。ミツワなどの日系スーパーも進出してきました。

 

Q. 生活する上で、治安安はいいですか?


A.

ニューヨーク市内に住んでいて考える「危険」、たとえば銃犯罪に巻き込まれるといったリスクは、ハワイでは基本的に低いのではないかと思います。

ただし経済格差は存在し、ホームレスが多く、治安の安定しないエリアなどはハワイにも存在します。過去に、日本人観光客がそういったエリアで公衆トイレを利用し、トラブルが発生したケースもあるので、注意したいところです。

 

Q. ニューヨークに比べると、やはり生活は不便でしょうか?


A.

ハワイも都市化がどんどん進んでおり、都市機能が増え、暮らしやすさがアップしました。

これまでは鉄道も地下鉄もありませんでしたが、オアフ島では現在、住宅地をつなげ、交通渋滞を解消するための、モノレール計画(ホノルル〜アラモアナ間)も進んでいます。またこのモノレール計画に付随して、カポレイ(Kapolei)という副都心も整備され、現在機能しています。

車は現在、どうしても生活では必要になりますが、近年は家電量販店やスーパーを併設するマンションも増えてきています。

小さな土地面積にさまざまな機能が凝縮されているので、ニューヨークでの移動の多い暮らしよりも便利かもしれません。ドア・トゥー・ドアの時間が短いので、せっかちな人にぴったりではないかと思います。

 

Q. 最近のハワイの不動産事情は?


A. 

これまでハワイは住宅規制が厳しかったのですが、最近、一部で規制緩和が行われ、新築や建て替えがやりやすくなりました。それほどまでに、これまでは住宅不足が問題視されていたのです。

現在ハワイは、タワーマンションを多く建設し、効率的な都市計画を目指しています。これは、外国人層にセカンドホームの購入をアピールすることにも、つながっています。

人口自体が大きく増えている訳ではありませんが、アリゾナやフロリダに拠点を置きながら、ハワイでの二重生活を送るアメリカ人も多いです。アメリカのカルチャーとしては定番の様式ですが、最近ではアジア圏にも浸透してきて、二重生活を考える人が多くなってきました。

よい住宅開発をすれば売れる、というのがハワイの特徴です。

 

畑華子さん

スターツ代表。ハワイ、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンノゼなどを担当。
ハワイ在住25年。青山学院大学を卒業後、ハワイ大学大学院にて経営学修士を取得。
宅地取引士、ハワイ州ブローカー免許取得。
NPO法人ハワイシニアライフ協会理事。

Starts International Hawaii, INC.

TEL: 808-947-2280
info@startshawaii.com
startshawaii.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)