「おうちパンマスター」と カンタン手作りパン

「おうちパン教室 コージー・キッチン」主宰の武藤由佳さんが、月1回ユニオンスクエアで「おうちパン講座」を開催している。

武藤さんは、自分の子供においしいパンを食べさせたいとの思いで「おうちパンマスター」(cotta運営)の認定資格を取得。自宅レッスンをメインに、「おうちパン」の作り方を教えている。

まずは、武藤さんがオーブントースターを使って作る「ふわふわ練乳パン」のデモンストレーションを行った。武藤さんが材料の説明を始めると、配布されたレシピを見ながら熱心にメモを取るママたち。「普通は20分ほどこねますが、このレシピではそんなにかかりませんので、実際に計量してこねてみましょう」と武藤さんの言葉で、いよいよパン作りがスタートした。

強力粉に牛乳、練乳、イーストなどを投入。「手をグーにして、餅つきをやる感じで押すとこねやすいですよ」と武藤さんのアドバイスに、ママと一緒に参加している子供たちも、「おもしろーい」「ギュッギュッ」と大喜びでお手伝い。

 

「おうちパン」は、主婦の吉永麻衣子さんが考案した「忙しいママでも毎日焼けるパン」のレシピ


次は、離乳食としても使える「リンゴドデカパン」作りに取り掛かった。こねた生地の中にみじん切りにしたリンゴを入れる際、「スプーンの背でリンゴを押し潰して混ぜると、水分が出てよりおいしくなります」とコツを教える武藤さん。「リンゴ以外でも大丈夫ですか?」との質問に、「サツマイモやカボチャでもいいですよ」と答えていた。

オーブンに入れてたパンが焼き上がると、焼きたてのいい香りが漂い、みんなで試食タイムに。「ふわふわでおいしい!」「こっちのパンは弾力がある」と感想が続いていた。

この日作った生地は、各自タッパーに入れて持ち帰り、一次発酵のため冷蔵庫で一晩置いて、翌朝焼くという段取りだ。

 

我が子を抱えて参加の、子育て中のママたち


ロングアイランドから参加の上田陽子さんは、「ニュー
ヨークにはおいしいパンがないので、パン好きの子供のために参加しました。特別な調理用具が必要で手間もかかると思っていたのに、ヘラを使う程度で作れる上にすごくおいしい。先生が目の前でデモンストレーションをしてくれるので分かりやすかったです」と大満足。

マンハッタン在住の井上萌さんは、「手作りは何が入っているか分かるので、安心して食べさせられます。先生に質問すると、分かりやすく答えてくれて、子供と一緒に楽しく習えました」と喜んでいた。

双子の息子を連れて初参加の下里文奈(あやな)さんは、「子供たちがパン好きなので、よく作っています。あっという間にできたのでびっくりしました。子育て中のママには大助かりですね。息子たちもいっぱい試食して喜んでいました」と声を弾ませた。

武藤さんは「ぜひ自宅でお子さんと一緒に作ってください。会話も弾んで楽しいですよ」と話していた。

 

自宅で簡単にパンを手作りしたいという12人と子供たちが参加

 

 

Ouchipan Class Cozy Kitchen

月1回ユニオンスクエアで開催。
自宅でのレッスンは随時受付。乳幼児連れでの参加歓迎。
場所と日程はEメールで問い合わせること。
【問い合わせ】yuka.muto0213@gmail.comameblo.jp/ouchipan-cozy-kitchen

関連記事

②購入の流れ

今月のテーマ:不動産購入の基礎 気に入った不動産物件を見つけたら、不安要素を一つずつ確認し、購入に向

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)