グローバル時代の子育て

その49 ライティング力の育て方

日本人の子どもが現地校で苦労するのが、英語のライティングです。ライティングは言語能力の中でも、最も高度なスキルを要求します。文字を正しく書くことから始まり、つづりのルール、句読点の用法、文法ルール、文章表現などを知っていなければ文章を書くことはできません。

日本人の子どもは単語を書くのは得意ですが、作文の課題が出ると「何を書いていいのか分からない」「文章が思い付かない」と言います。英語力不足で文章がうまく書けない場合もありますが、それ以上に、自分の考えを整理して人に伝える経験が不足しているため作文が書けないケースが多いのです。

英語のライティングは、日本の自由な作文とは異なり、論理的に筋道を立てて考える思考力や自分の考えを的確に伝える表現力の育成を兼ねています。もちろん、ライティング技術は学校でも教えてくれますが、日本人の子どもはそれだけでは練習が足りません。

ライティング指導は
段階を踏む

ライティング指導は、フォニックスを通して文字と音の関係を教えることから始まり、頻出単語であるサイトワーズや生活単語のスペリングを学んでいきます。段階を追って単語からフレーズ、フレーズからセンテンスへと進み、幼稚園の終わりには1〜3センテンスの文を書けることが目標です。

小学1年生になるとジャーナル(日記)やブックレポート(感想文)など、5センテンス程度の文章を書くことが求められます。この段階での重点はトピックに合った内容がセンテンスで書けていることです。細かいミスは気にせずにどんどん書かせることで、自分の考えを文章で表現することの楽しさを学びます。

小学1年生の後半になると、「最初」「次」「終わり」というように順を追ってパラグラフごとに文章を書く練習が始まります。ストーリー展開を簡潔に表現するための練習で「昨日起きた事」「クラスでする事」「クリスマスカードの作り方」など、トピックを三つのパラグラフに分けて書くことを学びます。

 

書く習慣を付けるには
プリント学習が効果的

学校で毎日のようにライティングをする子どもにとって、「書く習慣」が身に付いていることが重要です。作文嫌いの理由のほとんどは、「面倒くさい」というものです。「書く習慣」が育っていない子どもは集中力に欠け、文章を書くのに人一倍時間を要するので「面倒くさいから嫌い」となってしまうのです。

子どもに書く習慣を付けるには、プリント学習が効果的です。毎日5分でいいですからプリントに取り組むことを日課としましょう。プリント学習を成功させるコツは、①無理強いをしない、②子ども一人でやらせない、③できたらほめる、④短時間で切り上げる、⑤毎日継続するです。

内容の出来不出来をとやかく言う前に「今日もできて偉いね」と褒めることを忘れないでください。毎日休まずプリント学習をしていると、集中力が育ち、子どもは書くことに苦労を感じなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)