巻頭特集

今だからこそウキウキ!大人の社会科見学

観光名所や大企業の本社が集まるニューヨークは、世界を代表する街。ビジターに一般公開をして、いわゆる「大人の社会科見学」を提供する企業や工場が多いのをご存知だろうか? 大人になった今だからこそ知りたい、大人の社会科見学で、ニューヨークをもっと知ろう! (取材・文=菅礼子)



社会科見学はNYを知ることに通ず

IT産業のお膝元の西海岸に対し、ニューヨークは幅広い産業がひしめき合う、活気あふれる大都市だ。それだけに、今回フォーカスする企業や政府機関、非営利団体などの会社・工場見学も、多様で面白い。

社会科見学の魅力は、単にオフィスや工場に足を運び、現在の姿やあり方を知るだけでなく、ニューヨークやアメリカの深い歴史と対峙(たいじ)することにあるだろう。

高級ピアノブランド「スタインウェイ&サンズ」のアストリア工場は、約100年前にマンハッタンからアストリアに移転したという。企業城下町として、従業員のために教会や学校、病院が造られ、「スタインウェー・ビレッジ」が形成さたという歴史がある。同企業は今でも、同じ工場から世界に向けて最高級のピアノを届け続けている。

また、ブルックリンで催行されているビールツアーも同様だ。1800年代初頭には、米国全体のビールシェア約10%を占めていたという同区。しかしながら、1920年から突入した禁酒法時代により、産業の終了を余儀なくされたという歴史なども、ツアーの中で語られるから面白い(いずれのツアーも、詳細は5ページ参照)。

新旧が交差する新名所は
NYならではの魅力

かつてのアメリカ海軍の造船施設を再開発している「ブルックリン・ネイビーヤード」は、1800年代前半の建物をモダンにリノベーションした上で、屋上庭園を設けたり、ソーラーパネルによる発電や、雨水の浄化システムを建物内で行ったりと、エコシステムの導入に力を入れている。

広大な敷地の中には、ブラウンストーンのウイスキー蒸留所も

 

敷地内の乾ドック。有名な戦艦「ミズーリ」や「アリゾナ」もここから出航した


一般向けツアーでは、古いものを現代風に変換し、これからのニューヨークを支える中小企業を支援するという、同施設の働きを学ぶことができる。

スタートアップ支援の一環として新興企業を集め、当時のネイビーヤードのウェアハウス(倉庫)をシェアオフィスに充てているのも、その一環だ。

かつて、ブルックリンは食品製造業の一大拠点でもあった。この名残りからか、現在も敷地内の一角にはビールやウイスキーが製造されている他、老舗デリ「ラス&ドーターズ」の工場も、今年ネイビーヤードに移転してきた。歴史的な建物を今に蘇らせ、新たな新名所として一般公開しているのは、今のニューヨークでは見逃せない動きだ。

 

「ラス&ドーターズ」は、工場をマンハッタンから全てネイビーヤードへ移転

 

Brooklyn Navy Yard

141 Flushing Ave., Unit 801
Brooklyn, NY 11205
brooklynnavyyard.org
一般ツアーは通常、土・日曜日に催行。金曜もあり。大人20〜30ドル

 

ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)