古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

砂アートがビーチを飾った日 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 041)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

コニーアイランドで行われた「Sand Sculpting Competition」です。



Coney Island Sand Sculpting Competition 
(コニーアイランド 砂の彫刻コンテスト)

夏も終わり、秋の気配を感じる今日このごろ。当地の夏季スポットといえば、マンハッタンから気軽に行けるビーチリゾート、コニーアイランドではないでしょうか。海で泳ぐも良し、ネイサンズのホットドッグを頬張りながらボードウオークを歩くも良し、今にも壊れそうな(?)1903年製の大観覧車「ワンダーウィール」や、27年製の木製ジェットコースター「サイクロン」に乗って大騒ぎするも楽し。ブルックリンの良さは、このように大自然とエンタメが近くにあることです。

第29回の恒例行事

第29回目となる毎年恒例「コニーアイランド砂の彫刻コンテスト」が8月17日に開催されました。太陽の光がギラギラと肌を射すような猛暑の中、4組のプロ、約60組のアマチュアチームが砂浜に広がります。プロは繊細で絶妙なテクニックを取り入れた城作り、アマチュアは大人、個人、家族の3部門に分かれ、思い思いの作品に取り組みます。

主催者・コニーアイランド連合のエグゼクティブディレクター、アレキサンドラ・シルバースミスさんによると、参加者にはリピーターもいるほど。「昨年はエンパイアステートビルなど、プロ顔負けの作品がアマチュアチームから生まれました。今日も何が生まれるか最後まで分からないです」と期待を寄せます。

プロの砂彫刻アーティスト、Matthew Deibertさんの作品。大会は、ブルックリン・コミュニティー・サービス(BCS)とコニーアイランド連合が主催している

 

来場者から人気のあった、個人大人部門の入賞者、Gary Felicianoさんの作品

思い思いのアート

正午に開始し、午後3時30分に審査開始。誰もが必死で取り組んでいました。

息子と一緒に初参加したマシュー・ダイバートさんは、プロ歴19年の砂彫刻アーティスト。「この仕事の面白さは、世界中を旅できること。とにかく楽しみながら作ることが信条」と、汗をぬぐいながら抱負を語ってくれました。アマチュアのユリアナ・プレオトゥさんは、ガミーベア(くま)を作るための土台固めを試行錯誤中。「時間制限があるので、とにかく完成させることが今日の目標」。

3人の審査員が公平な立場で審査し、アマチュアチームの3部門から各受賞者を選びました。受賞した人もしなかった人も、訪れた約1万人の来場者も、それぞれが最高に楽しいひと夏の思い出を、心に刻んだことでしょう。

子どもに人気のガミーベアを作った個人大人部門の入賞者、Uliana Preotuさんの作品

 

コニーアイランド連合のエグゼクティブディレクター、アレキサンドラさん

All Photos © Kasumi Abe, Coney Island Sand Sculpting Competition

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)