①抽選永住権プログラム

今月のテーマ:永住権

「抽選永住権プログラム」の応募期間は、毎年10月からスタート。今年度の実施に先駆けて、今号は例年の大まかな流れを確認する。申請内容はごくシンプルだが、記入ミスは後で訂正できないので、注意して進めよう。


Q. 抽
選永住権プログラムとは? またその目的は?


A.

英語での正式名は「ダイバーシティー・ビザ・プログラム(Diversity VISA Program)」。さまざまな国からのアメリカへの移民を促進するもので、毎年この時期に実施されます。今年の場合、略称は「DV—2021」。俗に「グリーンカードロッタリー」ともいわれます。

過去5年間でアメリカへの移民(永住権取得者数)が少ない約50カ国を対象に、5万5000人に永住権が発給されます。日本もこのプログラムの対象国です。応募はオンラインのみ。
なお、今回は例年(DV—2020まで)の応募要項を踏まえて紹介しますが、今年度分の応募要項には、10月までに変更が加わる可能性があります。各自で最新情報を確認してください。

 

Q. 応募要項を教えてください。


A.

例年、10月初頭から11月初頭までに、国務省のウェブサイト(dvlottery.state.gov)から応募します。応募資格は次の三つです。

①応募者本人か、その配偶者、または親がプログラム対象国の国民であること。例えば夫婦の場合、どちらか日本人であれば、もう一方がプログラム対象国以外の出身でも、2人で別々に応募することができます。

②高校卒業か、またはそれと同等の資格を持つこと(12年間学校に行っていること)。学歴が十分でない場合は、過去5年間で、2年以上の職業研修を必要とする専門職に従事した経験があれば、応募資格を満たします。年齢制限はありませんが、学歴・職歴を考慮すると、18歳以上が対象になるということです。

③すでに米国内在住者であれば、有効なビザ(学生ビザや労働ビザなど)を有する者であること。もちろん、日本在住の日本人でも応募できます。

そして、6カ月以内に撮影したデジタル写真を添付すること。パスポートサイズですが、全体の写真に顔が占める割合や、目の高さ、背景の色、服装などに細かい規定がありますので、応募サイトで確認してください。

 

Q. エントリーフォームに入力する際、気を付けることは?


A.

1人1回のみ応募でき、2回行うとその時点で失格になります。また、記入漏れや記入ミスがあるまま次のページに進むと、修正しようと思っても前のページに戻ることはできないので要注意です。昨年の応募に使った写真を流用しても、その応募は無効とみなされます。

応募が完了すると、「コンファーメーションナンバー」がもらえます。何らかの理由でこの番号が取得できない場合にのみ、もう一度応募プロセスを行ってください。この番号は、当選発表の時に表示されるので、それまで大切に保管します。

応募自体はごくシンプルで、10分もあれば自分で簡単にできます。

 

Q. 家族で応募する場合の注意点は?


A.

夫婦の場合、それぞれが1回ずつ応募できるので、当選の可能性が2倍になります。それぞれがエントリーフォームを記入する際、子供(21歳以下で未婚)の名前を全員分記入してください。仮に家族全員が永住権を申請しない場合でも、全員分の氏名、年齢など、必要な情報を記入しなければなりません。
なお、親、兄弟のために永住権を申請することは、このプログラムの対象外となります。

 

Q. 当選発表は、どのように行われますか?


A. 

年5月以降、応募と同じ国務省のウェブサイト上で行われます。政府から当選通知は届きません。各自確認する必要があります。5万5000人に永住ビザが発行されるといっても、プログラム当選時点ではそれより多くの人が選ばれます。当選しても実は受給資格がなかった人、途中で申請をやめる人がいるからです。

当選を確認したら、すぐに永住権申請の備に取り掛かりましょう。

 

〈おことわり〉

当社は記事内容に関して一切責任を負いかねます。詳細は各専門家にご相談ください。

 

エディット・ステルツナー弁護士

ハンガリーの首都ブダペストのELTE大学、ニューヨーク市のフォーダム大学法科大卒業。
在ニューヨーク米国ハンガリー商工会議所国際委員会委員。
米国への労働・移住ビザの他、米国での起業関連の法律を専門とする。


Law Office of Edit Stelczner
43 W. 43rd St., Suite 132
TEL: 212-859-5019
edit@stelcznerlaw.com
stelcznerlaw.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)