NYで再発見! 日本のふるさと 【鳥取県編】

ニューヨーク鳥取県人会

会長: 藤森美穂(ふじもり・みほ)さん/鳥取市出身
発足: 1996年
会員: 約20人
参加条件: 県出身者、鳥取にゆかりのある人
会費: 年会費無料、イベント毎に清算
入会申請・問い合わせ:
nytottorikenjinkai@hotmail.com
http://nytottorikenjinkai.edublogs.org

 


2018年 活動実績

4月 春の親睦会(トンカツを食らう会)

(7月 鳥取県とバーモント州の姉妹提携調印式)

10月 鳥取県の高校生と国際交流財団、教育関係者との交流会

12月 忘年会


2019年 活動

5月 春の親睦会(エジプト料理とベリーダンスの会)

秋 鳥取県の高校生と国際交流財団、教育関係者との交流会

冬 忘年会 など


ゆかりのひと

おかある 星のらぶ 鳥取県人会副会長、ジャズシンガーソングライター。大山町出身。ニューヨークのジャズシーンでソロシンガーとして、またバンド「ビューティフルジャーニー」で音楽活動中。BSS山陰放送ラジオにもレギュラー出演。

 

おかある 星のらぶさんと鳥取砂丘

 


【鳥取と言えば】

鳥取砂丘…広さと「砂丘列」という雄大な起伏が特徴。砂一面に波の模様が描かれる「風紋(ふうもん)」は、実に美しい。パラグライダー、サンドボート、らくだ乗りなどのアクティビティーも楽しめる。「砂の美術館」も必見。

大山…中国地方最高峰。日本最大級のブナ林が広がり、貴重な動植物の生命力を育んでいる。夏はトレッキング、冬はスキーリゾートとして有名。

松葉ガニ…県西部に位置する境港は、カニ類の水揚げ量が日本一。中でも松葉ガニは鳥取を代表する冬の味覚の王様。公立学校では、松葉ガニがまるごと給食に出ることも。

二十世紀なし…みずみずしさと甘酸っぱさが絶妙の青梨。熟れてくると少し黄みがかり、甘さも増す。8月下旬から9月上旬ごろには、観光農園で梨狩りを楽しむことができる。

モサエビ…通称「幻のエビ」。鮮度が落ちやすいため、昔は漁師が船上で食べるぐらいで、県外にあまり出回らなかった。独特の甘みとうま味がある。

砂丘らっきょう…鳥取人が大好きなカレーには欠かせない。シャキシャキとした歯ごたえが品質のよさを物語る。砂丘長芋と並び、砂丘農業での中心品目。血液サラサラ効果あり。


【NYで感じる鳥取】

「クールジャパン」

「鳥取県は、『アニメ』や『まんが』の聖地といっても過言ではありません」と藤森さん。多くの外国人観光客の玄関口となっているのは境港で、「飛鳥II」などの豪華客船が寄港する。「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるロードには、150体以上の妖怪が鎮座。また「名探偵コナン」作者の資料館「青山剛昌ふるさと館」もある。


【故郷は今】

「スタバはないけど、スナバがある」などのダジャレ名言を繰り出す平井伸治県知事は、ニューヨーク鳥取県人会の元メンバー。そんな鳥取にも数年前、ようやくスタバが進出した。「当時は前泊で並ぶ人もおり、大行列。鳥取限定のお土産マグカップなどは、一時オークションでプレミア価格がつきました」(藤森さん)

 

家族のようなアットホームな雰囲気が特徴

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)