巻頭特集

華麗にこなしてステップアップ ジャピオン読者の出張事情

 

持ってると便利!
小技の効いたトラベルグッズ

 

衣服の汚れに素早く対処!

食事中に服に飛んでしまった染みや、移動中に付いてしまった気になる臭いには、ニューヨーク生まれの自然派洗剤ブランド「ザ・ラウンドレス」のセットポーチが大活躍。ドライクリーニング用の生地にも使えるという、優しい成分が売り。一つ持っていると重宝しそう(On The Spot Kit34ドル/thelaundress.com

 

 

財布の行方をさっと探知

よく物をなくす、または荷物の出し入れが多い人には、厚さ約2ミリの電子カード「チポロ」の携帯をオススメする。専用のスマホアプリをあらかじめ入れておけば、遠隔でカードの音を鳴らし、カードの現在位置を探すことができる。逆にカードを使ってスマホの音を鳴らすことも可能。最大60メートル離れた場所から使用でき、カードは軽度の防水仕様(Chipolo CARD35ドル/chipolo.net

 

多機能型キャリーオンバッグ

旅行鞄ブランド「アウェー」の今夏の新作スーツケースは、TSA対応のロックやUSB充電器、大きな外ポケットなどを搭載した、コンパクトながら機能性に優れたもの。ハンドル部分やポケットには皮をあしらい、高級感をプラス。約56センチx36インチで、キャリーオンにぴったりのサイズだ(The Carry-On with Pocket325ドル/awaytravel.com

 

 

カードの不正利用にも対策を

旅行グッズブランド「フライト001」の特製首掛けポーチは、クレジットカードなどに搭載されている非接触型ICチップを、電磁波から守る特殊仕様。カードのスキミング被害を防ぐ。二つのジッパーポケットにしっかり貴重品を入れて、旅先でのスリや引ったくりに警戒しよう(Neck Safe18ドル/flight001.com

 

 

ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)