巻頭特集

華麗にこなしてステップアップ ジャピオン読者の出張事情


出張前にここもチェック

 

出張に最適な高機能スーツ
KASHIYAMA the Smart Tailor
kashiyama1927.com

1927年創業のスーツの老舗店「オンワード樫山」が、オーダーメードカジュアルのセットアップの新ライン「モダンテイラー」をスタート。シワや着崩れが気にならず、生地も軽いので、スーツケースがかさばらず出張向け。スーツは採寸から10日ほどで、自宅に直送される。価格は300ドル〜。自分だけの理想の1着を来て、仕事をビシッと決めよう! 採寸場所(ガイドショップ)は市内に3カ所、要予約。8 W. 38th St.85 Broad St., WeWork12 E. 49th St., WeWork

 

 

爽やかな見た目で臨もう
QB House Tokyo
qbhouseusa.com

日本でもおなじみのスピードカットサロン、QBハウスはニューヨークに現在3店舗ある。ヘアカットは15分以内で、一律20ドル。日本店舗で経験を重ねたヘアスタイリストたちが中心となって施術にあたる。急な出張が決まるも、髪が伸び放題…というときには、出発前に駆け込んでみてはいかが? 入店の詳しい流れや各店の営業時間などは、公式ウェブサイト参照。151 E. 43rd St.1000 S. 8th Ave., Suite 1818 John St.

 

 

海外から米国へ出張する人は
OPAS
opas.com

米国内に住所を持たない人のための物品転送サービス。利用者がオンラインなどで購入した商品は、オレゴン州ポートランドの同社倉庫に配送。出張で来米予定の人は、到着前にその商品をホテルへ転送するように手配すれば、米国外から持ち込む荷物が減り、出張がより身軽になる。オレゴン州は消費税(ニューヨークは市および州の計8.875%)がかからないのもうれしい。友達紹介でのキャッシュバックプログラムあり。詳細はウェブサイト参照。

 

 

ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)