古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

BKを代表するビール工場 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 039)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はゴワヌスにあるGowanus Souvenir Shopです。

 


センスあるお土産探しに

Gowanus Souvenir Shop (ゴワヌス・スーベニア・ショップ)

かつてギャング同士の抗争が激しく、死体が浮いていた時代もあるとかないとかで(?)、長きにわたり悪名高かった通称「ドブ川」のゴワヌス運河。この運河を起点に、ゴワヌス地区は倉庫を利用したおしゃれな店やアートスペース、アクティブスポットが次々にオープンし、町歩きの楽しいエリアに生まれ変わりました。

以前近辺を通りかかったとき、ゴワヌスで働いている知り合いグループに偶然会い、おすすめされたのが、今回紹介する「Gowanus Souvenir Shop」です。

猫好きにはたまらない、カリフォルニア発「Nellie」の猫クッション(35ドル)

 

地元発アイテム並ぶ

ここは地元ブルックリンのアーティストやデザイナー約30人とコラボし、さまざまなグッズをセレクトしています。

中には「ここで泳げるか〜い」と思わずツッこみたくなる「ゴワヌスの水泳チーム」Tシャツや、「ブルックリンのヴェニス」と書かれたポストカードや切手など、この地を訪れた者だけが分かるジョーク満載のグッズなども。

「中にはLA発の商品もあるけど、基本的にはブルックリン、特に地元ゴワヌスのアーティストの商品がメインよ」と、オーナーのウートゥ。70%はハンドメードだそうです。

店は二つのスペースが合体した形になっていて、左側スペースはウートゥのセレクトグッズが並び、右側スペースは別のセレクトショップ(「From Here To Sunday」や「Even Keel)に又貸ししています。

 

店内にはブルックリン、特に地元ゴワヌスをテーマにしたグッズが勢ぞろい

 

Tシャツ(25ドル)とポストカード(1ドル50セント)

ゴワヌスの思い出に

 

近所の別の場所で2015年、ポップアップ形態でスタート。実際オープンしたら反応が良過ぎて本格的に始動し、翌年今の場所に移りました。

ニューヨークは不動産が高騰する昨今。「賃料の高い店舗を持つより、オンラインで物を販売した方が効率的」とECサイトに力を入れがちですが、彼女は今でも店舗にこだわります。「この街を訪れた人々が寄ってくれる場所になっているわ」。旅や土地の思い出の品として「フィジカルなモノ」を買って行きたい人が多いそう。

「店舗売上が圧倒的に多いから、お店に注力しているわ。それに私は発送作業が苦手だし…」とウィンクするウートゥでした。

 

グラフィックやプロダクトのデザイナーでもある、オーナーのウートゥ

All Photos: © Kasumi Abe

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)