古くて新しい、とっておきのブルックリンへ

BKを代表するビール工場 (古くて新しい、とっておきのブルックリンへ 038)

ブルックリンのガイドブックの著者、安部かすみが、本で書ききれなかったことや、まだあるお気に入りスポットを紹介します。「大切な友人に紹介するとしたら?」という目線で選んだとっておき。

今週はイーストウィリアムズバーグにある「Brooklyn Brewery」です。

 



Brooklyn Brewery(ブルックリン・ブルワリー)

ビールのおいしい季節になりました。ブルックリンのビールといえば、誰の脳裏にもまず「ブルックリンラガー」が思い浮かぶのではないでしょうか? 今や日本でも飲めるくらい、世界規模で知られる一大企業へと大成長しました。

80年代ビール界を揺らした新星

クラフトビールばやりの昨今ですが、1988年創業のブルックリン・ブルワリーはクラフトビールの先駆者。80年代の米ビール市場といえばバドワイザー、クアーズ、ミラーのビッグ3が独占していました。そこに彼らは、「ほろ辛い」香りが特徴のオールモルト(麦芽)ラガービールで、殴り込みをかけたわけです。

創業者は元AP通信やニューズデイのジャーナリスト、スティーブ・ヒンディさん。アルコール規制のある中東地域に5年半駐在し、帰国後は自宅で趣味のビール作りをはじめました。その後、近所仲間のバンカー、トム・ポッターさんと共に会社を設立し、96年に現在のような、テースティングルームを併設したブルワリー形態に。

2003年、トムさんの退職とともに長年の友、デービッド・オッタウェー家に会社を売却し、14年以降はオッタウェー家の息子、エリックさんとロビンさんが中心になって事業を展開しています。意外と知られていませんが、ロゴは「I♡NY」や「ニューヨークマガジン」を手掛けた世界的デザイナー、ミルトン・グレイザー作なんですよ。そんな裏話を思い出しながらビールを飲むと、さらに味わい深く感じられます。

 

工場見学ツアーも

現在製造しているのは、ラガーとエールの2種類。工場見学ツアーに参加するのもおすすめです。無料ツアーは土曜、日曜日の午後1〜6時の間(30分間ごと)。有料ツアー(18ドル〜、要予約)は月曜〜金曜日の午後5時以降で、缶1本と生ビール3杯をテイスティングでき、ビールラバーには大変お得!

生演奏を聴きながらのテースティングや売店でのお土産探しなど、ただビールを飲む以上のお楽しみであふれた場所です。

 

 

ツアーでは、麦芽やホップの実物を見ながら解説してくれる

 

フレンドリーなガイドが醸造所のあれこれを説明

 

工場見学の後は小部屋へ移動し、試飲が続く

 

工場見学ツアーで提供されたできたての生ビール。私は「Small Batch & Technical Tour」(45分、18ドル)に参加

 

All Photos: © Kasumi Abe

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)