夏の海こそニューヨーク!

 

ニューヨーク近郊のオススメビーチ

マンハッタンから1時間以内で行ける、オススメビーチを紹介。公共交通機関で行けるのが魅力だ。

 



サーファー御用達

ロッカウェービーチ

サーフィンするなら地下鉄Aラインの「ビーチ67ストリート駅」、海水浴なら「ビーチ116ストリート駅」で下車すると、好スポットにたどり着ける。

67ストリート周辺のビーチはサーフィン、海水浴ともに楽しめるようだ。駅周辺は飲食店も多く、レンタルサーフショップもある。また116ストリート周辺のボードウォークにもいくつか飲食店があり、レジャーにも適している。

夏場は、外の景色を眺めながら行けるフェリー利用もオススメしたい。マンハッタンの金融街近くにあるピア11から、NYCフェリーに乗り、「ロッカウェービーチ」停留所で下車。

 

 

 

 

 

アトラクションも充実
コニーアイランド

マンハッタン、ブルックリン共に地下鉄(N、Q、D、Fライン『コニーアイランド=スティルウェルアベニュー』駅)を使えば1時間ほどで到着し、気軽にリゾート気分を満喫できるのが、コニーアイランドのいいところ。公衆トイレの数も多く、使い勝手もいい。

波がないのでサーフィン向きではないが、海水浴以外にも多彩なアクティビティーがあるのが魅力だろう。遊園地「ルナパーク」やニューヨーク水族館の他、駅前にはホットドッグの名店「ネイサンズ」やレトロな雰囲気が漂う飲食店が多くあり、一日中いても飽きない。家族連れに人気のある代表的なスポット。

 

 

 

 

自然を満喫
サンディフックビーチ

ニュージャージーにある細長い半島サンディフックは、国立公園局によって管理されている地域だ。こちらもピア11からサンディフックフェリーが出ていて、乗船中はちょっとしたお出掛け気分が味わえる。

全長約7キロメートルに及ぶビーチからは、マンハッタンの金融街が一望できる。手付かずのビーチと高層ビル群という、なかなか珍しい組み合わせの景色が拝めるのが興味深い。

1764年に建てられたサンディフック灯台が無料ツアーを開催している他、公園内キャンプ場やバーベキューを楽しめる広場もあるため、泊まり掛けでのレジャーにも最適

 

 

 

 

 

ページ: 1 2 3

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1057

春よ来い、
花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。

そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー
観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

今号の巻頭では、みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!(取材・文/南あや)

Vol.1054

ちょっと拝見!
ニューヨーカーの
通勤バッグの中身

通勤バッグは、見た目に機能性にと、いろいろなポイントで選びたいところ。かつてはカッチリとしたブリーフケースのイメージも強かったが、職種や働き方の多様化に伴って選びも多くなってきた様子。バリバリ働くニューヨークの男性陣に、通勤バッグについて聞いてみた。(取材・文/菅礼子)