絵になるニューヨーク滞在


新感覚が欲しい人に

 

メキシコでデザイナーズホテルを複数展開する、「グルーポ・ハビタ」の米国進出店が「ホテル・アメリカーノ」。情熱の国・メキシコの、カラフルでエネルギッシュなトーンと雰囲気を思い浮かべる人もいるかもしれないが、このホテルはどこか無国籍で、時の流れがゆったりしている。

デザインを手掛けるのは、母国メキシコで数々の賞に輝いた建築家のエンリケ・ノーテン。ラテンとミッドセンチュリー・アメリカ、そしてなんと日本の文化的要素を織り交ぜたとのこと。確かに、まるで敷布団のような不思議な形をしたベッドを始め、客室はどことなく日本の旅館のような落ち着きを感じる。無駄な装飾を削ぎ落としたインテリアも相まって、開放感のあるホテルだ。

併設レストラン「ラ・セントラル」では、メキシコ、ペルーなど南米の味を、スペイン、そして中国や日本といったアジアの食文化と、複雑にミックス。この「どこでもない」文化が、何だかニューヨークらしい。今回紹介した中では最高級だが、泊まる価値がありそうだ。

Hôtel Americano
518 W. 27th St.1$540台〜)
TEL: 212-216-0000hotel-americano.com
●周辺観光名所●
ハイライン、ハドソンヤード

 

 

1人で身軽に旅する人に


今回最後に紹介する「シチズンM」は、ビジネスホテルのような規模と利便性を兼ね備えながら、内装にこだわるユニークなホテルだ。タイムズスクエアとバワリーの2カ所にある。

ロビーの第一印象は、カラフルでポップ! 赤や緑のカラフルな家具、あちこちに伸びたライトスタンド、そして壁一面に陳列された、大小さまざまなオブジェなどが目に楽しい。デザイン事務所、あるいは子どもの遊び場に迷い込んだようなワクワク感がある。

一方、客室はほぼベッドと椅子だけの簡素な作り。丸みを帯びた部屋のフォルムがポップアートのようだ。複数で泊まるときゅうくつそうだが、出張やひとり旅など、あまりスペースが必要でない人は落ち着くかもしれない。

ちなみにこのホテル、超高速インターネット通信(有料サービス)を目玉としているので、ビジネスパーソンの利用にオススメ。

そしてもう一つの売りが、ルーフトップバー「クラウドM」。高層ビルに囲まれているので、夜の輝きはなかなかゴージャス。

 

CitizenM
218 W. 50th St.189 Bowery1$300台〜)
citizenm.com/destinations/new-york
●周辺観光名所●
タイムズスクエア、ロックフェラーセンター、MoMA

 

 

ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)