絵になるニューヨーク滞在

 

ジャピオンが選ぶ
タイプ別・憧れのデザイナーズホテル5選

ちょっと値は張るけど、旅の思い出には最高のホテルをピックアップ。

 

 

落ち着きを求める人に

 

前ページの「TWA」よりもさらに古い歴史を持つ建物で、なんと1928年建築。かつての「ジョージ・ワシントン・ホテル」であり、詩人W・H・オーデンや芸術家キース・ヘリング(建物内に在住)などが身を寄せたことで知られる。

そんなアーティストびいきの背景を持つ、ミッドタウンの「フリーハンド」の内装は、市内の高級レストラン「ル・クク」や「エースホテル」に携わったデザイン事務所「ローマン&ウィリアムズ」が作り上げた。木製家具を中心に、洗練されつつも趣のある、落ち着いた雰囲気が長旅の疲れを癒やす。客室はバード大学の学生・卒業生らが「自宅のような空間」をテーマにデザインした。ニューヨークの若者が描く、理想の部屋に泊まれるという興味深い試みだ。

併設バーは、ジェームズ・ビアード賞最優秀カクテル部門に輝いた、「ブロークンシェーカー」。南国を想起させる雰囲気が、夏のシーズンにぴったり。シックでアップスケールな夜には、もう一つのバー「ジョージ・ワシントン」もいい。


Freehand New York
23 Lexington Ave.1$300台〜)
TEL: 212-475-1920reehandhotels.com/new-york
●周辺観光名所●
フラットアイロンビル、グラマシー公園など

 

 

セレブが好きな人に


6ラインのアスタープレース駅ほど近くにある「ザ・バワリーホテル」を愛するセレブは数知れない。デービット・ベッカム、ジジ・ハディット、ジェシカ・シンプソン、そしてポール・マッカートニー、などなど。彼らを魅了するのは、高級感あふれる内装と、周囲に高層ビルがないゆえの、客室からのぜいたくなオープンビューだろう。

天井や壁、家具までもがマホガニー色に統一されたロビーは重厚感があり、足を踏み入れるだけで上流階級の仲間入りをしたような気分に。一方で、白を基調とした客室は品のいいシンプルさが売り。磨き抜かれた大理石のバスルームが落ち着く。窓からは、イーストビレッジ、そしてローワーマンハッタンの景観が楽しめる。部屋によってはバルコニーで優雅にティータイム…なんてことも可能。

ダイニングは、今年春よりイタリア出身の新シェフが総監督を務める、イタリア料理店「ジェマ」を併設。旬の食材を使った本格的なメニューをめしあがれ。ひょっとしたら、食事をしているセレブに会えるかも?

 

The Bowery Hotel
335 Bowery1$400台〜)
TEL: 212-505-9100theboweryhotel.com
●周辺観光名所●
ニューミュージアム、ソーホー地区

 

独創空間に浸りたい人に


先述の「ザ・バワリーホテル」と近接する「パブリックホテル」だが、そのアプローチは大きく異なる。前者が「伝統」であるならば、後者は「革新」のホテル。

「パブリックホテル」を手掛けたのは、起業家イアン・シュレーガー。彼こそ、現在のブティックホテル(客室100室以下の高級デザイナーズホテルを指す)というジャンルを築いたとされる人物だ。

青々とした植物で覆われた入り口をくぐると、ネオンが煌々(こうこう)と照るエスカレーターがお出迎え。その先の客室はどんなに派手なのかと思えば、部屋はトーンダウンした、静寂が支配するミニマリズムな空間。大都会らしい派手さと、隠れ家のような静けさが同居する、不思議なホテルだ。

ちなみに、フロントデスクは無人で、チェックイン・アウトはタブレットでのセルフサービス。英語での対人コミュニケーションが苦手な人に喜ばれそう。

併設レストランの総監督は、セレブシェフ、ジャン・ジョルジュ。晴れた日は庭園で、のびのびと食事しよう。

 

PUBLIC Hotel
215 Chrystie St.1$350台〜)
TEL: 212-735-6000publichotels.com
●周辺観光名所●
ニューミュージアム、ソーホー地区

 

ページ: 1 2 3 4

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1058

ジャピオン 春の食パン選手権

食パンの由来は諸説あるが、主食+パン=「食パン」という説が有力とか? 今回はニューヨークで購入できる食パンを、モニターに協力してもらい、食べ比べ調査を行った。サンドイッチやこんがり焼き上げたトースト、あなたはどの食パンが気になる?

Vol.1057

春よ来い、花よ来い!

暦の上ではまだだが、暖冬で花も少しずつほころびはじめ、春らしさを街中で感じるようになってきた。そこで今号では、気軽に行けるマンハッタンのガーデンと、スケールの大きい郊外のガーデンを紹介。

Vol.1056

サッカー観に行こうぜ!

アメリカでもサッカーは大人気。男子は今季リーグが始まったばかり。女子も4月から開幕するのをご存知だろうか?サッカーをやったことがある人、観戦好きな人、そして初めて観るという人も、今号を読んで、競技場へ応援しに行こう!

Vol.1055

チーズ!チーズ!!チーズ!!!

みんな大好きなチーズを大特集!アメリカ、特にニューヨークには美味しい地元産チーズや、絶品チーズ料理を提供するレストランがレストランがたくさんある。これを知らずしてニューヨークは語れないぞ!