第227回  勉強しに行く

お金を支払って勉強する意識

私は、レストランやお店は、お金を払って勉強させてもらいに行く場所だと考えています。昨日行った中華料理店は、すごかった。

ママが一人でフロアを仕切っています。声が大きく、ママの笑い声を聞くと、こっちまで幸せになります。

日本では今年ゴールデンウイークは10連休。この店は休み無しで営業しています。開店直後にもかかわらず、先客がすでにいて、団体予約が入っているらしく大テーブルがセッティングされています。

玄関のガラスの向こうに人影が見えました。すかさず走っていき、ドアを開けます。

ここ、大事で、お客さまが自分で開けるのではなく、店の人が開けることで、「歓迎されている感」が高まります。お客さまの体験の最初を、「歓迎」で着色するのです。大きな声で「いらっしゃい!」気分最高に高まります。

グループの中に子供たちが5人いました。ママは早速子供たちと一緒にクイズを始めます。

「お母さんが誰か、当ててみるね。外れたらジュースごちそうするからね!」と、最初からジュースをごちそうするつもりなのです。そしてわざと負ける。子供たち、大喜びでした。

「クイズをはさむ」ことでアトラクションになり、ややもすると「大人に連れて行かれた」食事会が、子供たちにとって「参加するもの」へと転換するのです。この技、すごいです。

来店したお客さまにメニューを渡し、必ず最初に言うのが「うちの名物は焼ギョーザね! タレなしでも肉汁たっぷりで、おいしく食べられるよ」。当然、全員が焼ギョーザを注文します。名物は、こうして作られていくのです。

 

住所がブランド・アイデンティティに

パレスホテル東京。イチャモン大好きな私、阪本ですが、その私が、黙って感動、感心ばかりしています。会う人々すべてが気持ち良い。

人にまつわるソフトウエアだけではなく、ハードウエア、例えば共用部分(レストランなど)のトイレはいつもピカピカ。販管費が高騰し、人手不足の日本で、これは奇跡です。

館内にある日本食レストラン「和田倉」の夕食コースは食前酒から始まります。「壱ノ壱ノ壱」とネーミングされた日本酒は新潟・八海山の製造元で作ったオリジナル。これです。パレスホテルの番地が「千代田区丸の内1丁目1―1」。

1 何があってもお客さまを1番に置く
1 1―1―1で働く私たちのプライド
1 唯一、皇居前でホテルを営むことへの責任
この三つの1を示しているのでしょう。
客室ワイファイのログイン方法にも、「お客様が1番」が表れています。PINは客室番号、パスワードはお客様の名前なんです。訳の分からない暗号なんかを入れなくていい。しかも高速、ストレスなし。
住所が、ブランド・アイデンティティになっています。

 

お客だから神様、ではない

このように、店やホテルには勉強しに行く意識でいると、お金を支払うのが惜しくありません。「オレは客だ!」という意識でいるのはとてももったいない。「こんなに勉強させてもらったのに、この程度の料金でいいのですか?」が、正解なのです。

 

【今週の教訓 】店やホテルは勉強の場です

 

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。

2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。

06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。

地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。

『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

 

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

 

脳はどこまでコントロールできるか?

「成功者は形から自分を変える~『なりきり』の効果」(本文から引用)

高校同級生のF君は、童顔、背が低く、おとなしい子でした。そんな彼がクラスメートMさんに恋した。彼は思いました。「Mさんはきっと背が高く、ガッツある男が好きなはずだ。振り向かせるには僕もそうならなければならない」。半年後、F君は背が伸び、バンドを組んでリードギターをかき鳴らす積極的な男の子になりました。本当の話です。

そう、形って大事。だから私はランニングを習慣にしようと思い、まずウエアとシューズを買いました。しかし「今は暑いし」「もう寒いし」と、結局ウエアとシューズはお蔵入り。形から入るだけでなく「妄想する」ことができていなかった。「こうなりたい自分」という妄想。F君は妄想力があった。Mさんと楽しくデートしている自分。見事交際が始まりましたが、その後どうなったかはまた別のお話。

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)