America Ootoya Inc. 社長兼CEO 永瀬祐二

「大戸屋」が2012年にマンハッタンのチェルシーに初出店を果たしてから、早8年。現在マンハッタンに3店舗を構え、昨年にはニュージャージー州に連結子会社を設立した。「今後は西海岸、ヨーロッパへと出店計画を拡大していきます」との意気込みを見せるのは、「America Ootoya Inc.」社長兼CEOの永瀬祐二さんだ。日本でも知名度のあるレストランチェーンの、海外展開の陣頭指揮者のビジネス哲学とは、どんなものなのだろうか。

「とりあえず、オーダーされた仕事に対して、絶対にノーと言わないようにしています」

そう、さらりと言ってのける姿が印象的な永瀬さんの経歴を紐解くと、大戸屋勤続20年。同社が企業として成長する歩みを、二人三脚のように寄り添いながら進んできた一人でもある。埼玉県の店舗でアルバイトをスタートし、その後、社員として入社。三軒茶屋店、東陽町店の店長、営業部長などを歴任し、頭角を現してきた。

そんな永瀬さんは、「株式会社大戸屋」を設立して当時社長を勤めていた、「ミスター大戸屋」こと故・三森久実氏の「キモ入り」社員の一人として、厳しい指導を受けていたのだという。

「若いころ、三森社長に相当厳しく、大戸屋のスタイルをたたき込まれました。三森社長から一番指摘を受けたのが私です」

「にっぽんの家庭食」をお手本としたメニューは店内調理食を徹底。仕込みから店内で行い、食の安心・安全を客に届けるという、大戸屋のDNAは海外でも忠実に受け継がれている。

永瀬さんは、同社が勝負に出ないといけない重要な局面に登場する。香港進出、タイ進出でも自ら現地で指揮をとった。アメリカでの店舗展開は険しい道のりもあったが、「あくまで気負わず、臨機応変に」というスタイル。空手と柔道で鍛えられた体育会系マインドはあるものの、柔軟性の高さも自負する。

アメリカでの店舗拡大に向けた社員育成では、日系企業にありがちな、型にはまった厳しいルールは設けないそうだ。「現地スタッフの良さを生かしながら教育しています」。自らユニフォームを着てキッチンに入り、現地スタッフに、大戸屋の大切にしているサービスのあり方を見せることも、情熱があってこそできるものだろう。

「5年以内に、マンハッタンで10店舗体制にしたい。もちろん他州へも出店を拡大したいので、現地スタッフの多様性も、どんどん取り入れていきたいです」

熱意の裏には、今は亡き三森社長の情熱を受け継ぐ、真摯な人柄が見え隠れする。

永瀬祐二(ながせ・ゆうじ)

■埼玉県出身。
店舗アルバイトを経て、1999年に大戸屋に入社。
日本での店舗店長、営業を歴任し、2013年に「大戸屋アジア」のプレジデント兼CEOに。
17年より現職。
現在マンハッタンで3店舗を展開。
ootoya.us

 

関連記事

第105回 民主党大会

いよいよ大統領選の年 激戦州で見る最前線 2020年大統領選挙の民主党大会事務局が開く、メディア説明

NYジャピオン 最新号

Vol.1048

2020年はさらに熱い!
アートなニューヨークを楽しもう! 

昨年、ニューヨークのアート施設は新オープンからリニューアルまで、様々なニュースが相次いだ。今年も、メトロポリタン美術館150周年アニバーサリーをはじめ、話題が目白押し!(文/菅礼子)

Vol.1046

フーフーしちゃう!?
ワールド煮込み特集

寒いこの時期は、家で鍋が定番という人も多いだろう。日本の鍋もいいが、世界の味が集まるニューヨークでは、様々な煮込み料理を食べて芯から温まってみてはいかが?(取材・文/音成映舞)