今週のキレイの秘密

今週のキレイの秘密:Hisako Salon Midtown

すっぴんの目力をアップさせるまつ毛エクステは、日々忙しいニューヨーカーに重宝される美容サービス。ただ、目元という刺激に敏感な部位だから、サロン選びは安心と信頼性を重視したいものだ。

その中でもミッドタウンのヒサコサロンは、肌への負担が少ない、日本製の薬品を使用したまつ毛エクステサービスを提供している。施術を担当するのは、経験豊かな日本人スタッフ。

微細なエクステ1本1本を付けていく施術の初回は、パーソナルカウンセリングが欠かせない。読者モデル・リンダの目をじっと観察したスタッフは、「長くて真っすぐなまつ毛ですね。目尻にカールの強くかかったエクステを付けると、ナチュラルな目力を演出できそう」と分析。単純にまつ毛を「長くしたい」「量を増やしたい」という以上に、細かい小技を利かせることで、魅力をアップさせるのだ。

 

施術前のカウンセリングで、カールの強さやエクステの長さを確認。シチュエーションを考えながら、スタッフと相談しよう。

 

まぶたに薬品防護のテープを貼り、ピンセットで慎重に、部位に合わせた形状のエクステを1本ずつ付けていく。緊張感の漂う現場だが、スタッフの手つきは慣れている。片目に5本つけたところで、一旦仕上がりを確認。あとは、全部付け終わるまで、昼寝しながら待っているだけだ。

日本製の薬剤はアメリカのものに比べて低刺激。アレルギー反応を抑える工夫もしながら、慎重に施術していく。

 

約1時間後、目を覚まして鏡を見たリンダ。そこには、ナチュラルかつ美しいカーブを描いた、バサバサのまつ毛が。「えっ、これが私? すごい!」と興奮を抑え切れず、大きな笑顔を見せるリンダに、スタッフもうれしそうにほほ笑んだ。

 

1019_kirei_1

今回は両目で80本のまつ毛エクステコースを体験。形も長さも完璧に整ったまつ毛なら、目元メークも簡単で、失敗知らずだ(モデル: Linda)

 

まつ毛エクステはサロン地下のプライベートルームで行う。メロウな音楽を聴きながら、客はみんなうたた寝してしまうそうだ。

 

1012-kirei-this-week

Hisako Salon Midtown
233 E 50th St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)
TEL: 212-764-7640
https://hisakosalon.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1074

風を感じる

新型コロナウイルスの影響により、普段あまり気にしていなかった「換気」に注目が集まっている今、やはり「風」が生活のポイントといえるだろう! そこで、今号では身近な場所で「風をどこまで感じられるか」をテーマに、NYCや近郊で体験できる場所を紹介していく。

Vol. 1073

パンデミック明けのヘルスチェック

個々の努力が実り、パンデミックも鎮静化して来たニューヨーク。「まだまだ予断は許さない!」と警戒する人も多いが、そろそろコロナ以外の健康にも目を向けよう。ニューヨーク近辺にオフィスを構える医師5人に、「今、どんな健康被害が心配か」を聞いた。

Vol. 1072

今こそ、サステナブルな行動を!

今年1月、国連でSDGs(持続可能な開発目標)を達成するための「行動の10年」がスタート。温暖化の加速で地球が警鐘を鳴らし、自然環境を保持するサステナブル(持続可能)な暮らしが求められている。今こそ、できることから行動を起こそう!

Vol. 1071

新学期が始まる

新型コロナウイルスを意識しながらの登校再開か、遠隔授業か…今年は特に、子育てで悩む保護者も多いだろう。この秋学期を有意義にするには、どうすればいい? さまざまな立場の「教育者」に話を聞いた。