今週のキレイの秘密

今週のキレイの秘密:Hisako Salon Midtown

すっぴんの目力をアップさせるまつ毛エクステは、日々忙しいニューヨーカーに重宝される美容サービス。ただ、目元という刺激に敏感な部位だから、サロン選びは安心と信頼性を重視したいものだ。

その中でもミッドタウンのヒサコサロンは、肌への負担が少ない、日本製の薬品を使用したまつ毛エクステサービスを提供している。施術を担当するのは、経験豊かな日本人スタッフ。

微細なエクステ1本1本を付けていく施術の初回は、パーソナルカウンセリングが欠かせない。読者モデル・リンダの目をじっと観察したスタッフは、「長くて真っすぐなまつ毛ですね。目尻にカールの強くかかったエクステを付けると、ナチュラルな目力を演出できそう」と分析。単純にまつ毛を「長くしたい」「量を増やしたい」という以上に、細かい小技を利かせることで、魅力をアップさせるのだ。

 

施術前のカウンセリングで、カールの強さやエクステの長さを確認。シチュエーションを考えながら、スタッフと相談しよう。

 

まぶたに薬品防護のテープを貼り、ピンセットで慎重に、部位に合わせた形状のエクステを1本ずつ付けていく。緊張感の漂う現場だが、スタッフの手つきは慣れている。片目に5本つけたところで、一旦仕上がりを確認。あとは、全部付け終わるまで、昼寝しながら待っているだけだ。

日本製の薬剤はアメリカのものに比べて低刺激。アレルギー反応を抑える工夫もしながら、慎重に施術していく。

 

約1時間後、目を覚まして鏡を見たリンダ。そこには、ナチュラルかつ美しいカーブを描いた、バサバサのまつ毛が。「えっ、これが私? すごい!」と興奮を抑え切れず、大きな笑顔を見せるリンダに、スタッフもうれしそうにほほ笑んだ。

 

1019_kirei_1

今回は両目で80本のまつ毛エクステコースを体験。形も長さも完璧に整ったまつ毛なら、目元メークも簡単で、失敗知らずだ(モデル: Linda)

 

まつ毛エクステはサロン地下のプライベートルームで行う。メロウな音楽を聴きながら、客はみんなうたた寝してしまうそうだ。

 

1012-kirei-this-week

Hisako Salon Midtown
233 E 50th St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)
TEL: 212-764-7640
https://hisakosalon.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1053

焙煎したての
コーヒーが飲みたい

コーヒーは焙煎(ばいせん)してからすぐに香りや味の変化が始まってしまうので、持ち味を十分に楽しむには、焙煎したての豆からいれるコーヒーが一番。そこで、今号では店内焙煎のコーヒーを提供するカフェを紹介する。(取材・文/古村典子)

Vol.1052

今から始める
安全対策

犯罪や災害は、実際に降りかかってから行動するのでは遅い!手の届く範囲で始められる対策を、ジャピオンと一緒に講じよう。(取材・文 / 南あや・音成映舞)

 

Vol.1051

英語が得意になりたい!

「日常会話はできるし・・・」「どうせ数年後に日本に戻るし・・・」と言いながら、バイリンガルの友人がうらやましい、そこのあなた。今年こそ本腰入れて、英語力を鍛えてみない?(取材・文/南あや)

Vol.1050

ようこそ
「白鳥の湖」の世界へ

チャイコフスキー3大バレエの名作『白鳥の湖』。1月下旬から市内で順次観ることのできる三つのバレエ団による公演と、その見どころを紹介していく(取材・文=音成映舞)