今週のキレイの秘密

今週のキレイの秘密:Hisako Salon Midtown

すっぴんの目力をアップさせるまつ毛エクステは、日々忙しいニューヨーカーに重宝される美容サービス。ただ、目元という刺激に敏感な部位だから、サロン選びは安心と信頼性を重視したいものだ。

その中でもミッドタウンのヒサコサロンは、肌への負担が少ない、日本製の薬品を使用したまつ毛エクステサービスを提供している。施術を担当するのは、経験豊かな日本人スタッフ。

微細なエクステ1本1本を付けていく施術の初回は、パーソナルカウンセリングが欠かせない。読者モデル・リンダの目をじっと観察したスタッフは、「長くて真っすぐなまつ毛ですね。目尻にカールの強くかかったエクステを付けると、ナチュラルな目力を演出できそう」と分析。単純にまつ毛を「長くしたい」「量を増やしたい」という以上に、細かい小技を利かせることで、魅力をアップさせるのだ。

 

施術前のカウンセリングで、カールの強さやエクステの長さを確認。シチュエーションを考えながら、スタッフと相談しよう。

 

まぶたに薬品防護のテープを貼り、ピンセットで慎重に、部位に合わせた形状のエクステを1本ずつ付けていく。緊張感の漂う現場だが、スタッフの手つきは慣れている。片目に5本つけたところで、一旦仕上がりを確認。あとは、全部付け終わるまで、昼寝しながら待っているだけだ。

日本製の薬剤はアメリカのものに比べて低刺激。アレルギー反応を抑える工夫もしながら、慎重に施術していく。

 

約1時間後、目を覚まして鏡を見たリンダ。そこには、ナチュラルかつ美しいカーブを描いた、バサバサのまつ毛が。「えっ、これが私? すごい!」と興奮を抑え切れず、大きな笑顔を見せるリンダに、スタッフもうれしそうにほほ笑んだ。

 

1019_kirei_1

今回は両目で80本のまつ毛エクステコースを体験。形も長さも完璧に整ったまつ毛なら、目元メークも簡単で、失敗知らずだ(モデル: Linda)

 

まつ毛エクステはサロン地下のプライベートルームで行う。メロウな音楽を聴きながら、客はみんなうたた寝してしまうそうだ。

 

1012-kirei-this-week

Hisako Salon Midtown
233 E 50th St. (bet. 2nd & 3rd Aves.)
TEL: 212-764-7640
https://hisakosalon.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1125

出張者にも! 一時帰国者にも!  NYのお土産・手土産は何がおすすめ?

コロナ禍でも一時帰国をする在米日本人は多く、また10月1日からワクチン接種証明書による日本帰国後の隔離期間が短縮されたこともあり、出張者も徐々に戻って来る見込みだ。そんな帰国の際、知っておくと便利なニューヨークならではのお土産、手土産についてチェックしよう!

Vol. 1124

ロシア人街でフクースナ(おいし〜い)!

ブルックリン区最南端のブライトンビーチは、ロシアと黒海沿岸地域からの移民が多く暮らすエリア。地下鉄高架下や周辺には、郷土史色豊かな食べ物を売る店やレストランが軒を並べている。

Vol. 1123

ニューノーマルのバーバー事情

いよいよ経済の復興期に突入したニューヨーク。対面ビジネスも次々に再開され、男性の身だしなみが気になり始めた。新しいノーマルに向けて活況を呈する理容の世界をのぞいてみよう。

Vol. 1122

コロナに負けず NYファッションシーンが再開!

まだまだデジタルでの新作発表を行うブランドが多いものの、パンデミック以降、初めてゲストを招いてのニューヨーク・ファッション・ウィークが再開した。今回のショーの動向、ニューヨークのファッションシーンを盛り上げるべく奮闘する、日本人デザイナーやモデルにもフォーカスする。