巻頭特集

夏こそさわやかに免疫力アップドリンク

薬膳ドリンクで体質改善
【 漢方薬/東洋医学/鍼灸博士・野崎夕子さん 】

漢方や薬膳と聞くと「パワーは確かにすごそうだけど、材料をそろえるのが大変だし、自分で作るのは難しい」と思いがち。そこで指圧・鍼灸(しんきゅう)・漢方の専門クリニック、医堂ホリスティックセンターの野崎夕子さんに、スーパーやオンラインでも購入できるナツメとクコの実をフィーチャーした、甘くておいしく飲めるドリンクを教えてもらった。

「ナツメは冷えをとり、免疫力アップに効果があります。体を温めるというのは季節に関係なく大切なことですし、特に女性は筋肉が少なくてホルモンのバランスも崩しやすいので、冷えやすいといえるでしょう。ナツメで体の芯を冷やさないようにすることが大切です」と野崎さん。

そして、フルーティーでほんのり甘いクコの実については、「特に腎の気をあげます。腎は生命エネルギーに関わっているので、腎気が弱くなると、疲れやすくなったり、腰痛がでたりします。ですので、夏は特に、夏バテ防止にエネルギーをしっかり保つことが大事です」という。

最初に紹介する「薬膳のラム酒漬け」は、ナツメとクコの実を中心に、健康効果が期待できる漢方素材(松の実[滋養強壮]、シナモン[冷え性の改善、および全身に酸素や栄養を届け、健康を維持]、サンザシ[動脈硬化、糖尿病の予防]、くるみ[アンチエンジング、睡眠の質向上]、陳皮[気の流れを巡らせる]、ショウガ[体を温める、殺菌効果])をたくさん使っているので、さまざまな症状への効果が期待できる。

素材も多いが、全てスーパーや中華街の漢方店、オンラインで買えるものばかり。ただ全部そろえるのが面倒だという人は、医堂ホリスティックセンターですでにミックスしたものを販売している。「このラム酒漬けは作り置きをしておけば、いろいろな用途で使えます。ドリンクとして飲むだけではなく、お菓子作りにも使えますよ」。

また、ナツメとクコの実を使ったホットドリンクとヨーグルトドリンクは、どちらも生理痛、疲労回復に効くので、女性にはうれしいドリンク。

 

野崎夕子さん

東洋医学および鍼灸博士。ニューヨーク州認定鍼灸師/マッサージセラピスト/認定ホメオパス。2001年に「医堂ホリスティックセンター」を設立し、鍼灸、漢方、指圧、温熱療法を中心にアレルギー、生活習慣病、婦人科疾患の予防・治療に力を入れる。またオンラインでの漢方コンサルティングも行っている。

Ido Holistic Center
22 E. 49th St., 3rd Fl., (bet. 5th & Madison Aves.)
idocenter.com
TEL: 212-599-5300

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7

関連記事

NYジャピオン 最新号