テーマ ◆ 正しい知識で健康デンタルライフ(前編)

日々の手入れで健康維持
歯磨きは1回2分が基本

Q. 防歯科が大切なのはなぜですか?

A.

国では、予防ケアは標準治療の一つとして重視されており、歯科もその例外ではありません。定期的に検診を受け、問題の早期発見と治療に努めることが、口内ひいては全身の健康維持にとって欠かせません。

口内の問題は、歯が痛くなったり、歯茎が腫れたりなど、何らかの症状が現れてから初めて気付く人がほとんどです。私たち歯科医師は、問題をまだ小さなうちに見つけて治療し、場合によっては問題自体の発生を防ぐこともできます。早く治療を始めれば、それだけ時間も費用もかからず、体への負担も抑えることができます。

毎日の歯の手入れ方法や、虫歯などの問題を早期発見する方法を患者に教えることも、予防歯科の重要な一部です。

Q. 口内の状態が全身の健康に影響するとは、どういうことですか?

A.

患者の口内を観察することで、歯科医師はその人の健康状態や病気のリスク、生活の質、癖に至るまで、さまざまのことをかなり正確に知ることができます。

例えば歯周病は、心臓病と関連があることが分かっています。歯周病は、歯と歯茎の境目にある溝に溜まった細菌の塊(プラーク)が原因で起こる、感染性の病気です。細菌が血流に乗って全身を巡り、心臓に辿り着くことによって心臓に損傷を与えると考えられます。同じ細菌が股や膝に入れた人工関節の周囲に感染し、炎症を引き起こすこともあります。

口の中の細菌が全身に悪影響を与えることは、歯科医師の間ではもう何年も前から分かっていました。しかし、ここ10年ほどで他の診療科の医師にも理解されるようになりました。例えば、心臓の手術や人工関節置換術などを予定している患者に、手術前に虫歯や歯周病の治療を勧める医師が増えています。細菌によって術後に起こり得る問題を予防することが目的です。

 

口内の状態は全身の健康に影響する。定期検診で問題を早期発見して治療することが大切だ(写真提供: Trusty Dental)

 

Q. 日々の口内ケアの方法は?

A.

歯と歯茎を守るためには、通常年2回の歯科検診(後編で説明)を受けることと、毎日の歯磨きとデンタルフロス(以下フロス)による歯の清掃が何より大事です。実は日々の清掃が適切にできていない人は意外に多く、正しい方法を指導することが歯科検診の目的の一つでもあります。やり方を間違えると、効果がないだけでなく、歯と歯茎を傷めることにもなりかねません。

平均的な人の歯磨きは15〜20秒ですが、ちゃんと磨くためには約2分かかります。電動歯ブラシを使っている人は、タイマーと圧力センサー機能を活用するといいでしょう。タイマーをかけてしっかり2分間、歯と歯茎をこすり過ぎないように優しく磨きましょう。ブラシはヘッドが小さく、毛は「硬目」「普通」を避け、「柔らか目」のものがお勧めです。

歯磨きは、1日3回毎食後が理想ですが、普通は朝食と夕食後の1日2回が推奨されています。食事で炭水化物(糖質)や粘性食物の摂取が多い人は、1日3回毎食後の方がいいかもしれません。

フロスで歯間と、歯と歯茎の間の食べかすを掻き出し、その後、ブラシでそれらを取り除きます。フロスは難しくて苦手という人も、最低でも1日1回夕食後にするようにしましょう。水流で口内を清掃するウォーターピックは、クラウン(歯冠)や歯科インプラントなどの治療を数多く受けている場合や、歯列矯正治療中に有効です。

Q. フッ素(フッ化物)入りの歯磨き剤は安全ですか?

A.

フッ素(fluoride)には歯の表面のエナメル質を丈夫にする働きがあり、虫歯予防のため、アメリカでも日本でも多くの歯磨き剤に配合されています。

今春、飲料水に添加されたフッ素と、認知症リスク上昇の関係を示す英国の研究結果が報告されました。しかし、フッ素の毒性は長期間大量に摂取し続けた場合に生じ、歯磨き剤や歯科治療で使用する程度では問題ないというのが、一般的な歯科医師の見解です。

ただし、口の中の歯磨き剤を吐き出すのが難しい小さな子供には、フッ素無添加の歯磨き剤の方が安全かもしれません。歯磨き剤の選び方、日常ケアなどに関する疑問は歯科医師に聞いてください。

 

※次回は、歯科検診と治療の疑問について伺います。

 

トラスティー・デンタル
Trusty Dental

ホーチャン・フワン先生=左(Hochan Hwang, DDSDoctor of Dental Surgery)、
グレゴリー・V・タミリアン先生(Gregory V. Tamirian, DMDDoctor of Dental Medicine)。
一般歯科、審美歯科、歯周病治療、根管治療、歯列矯正、歯科インプラントなど。
タミリアン先生はグリニッチで25年以上診療。地元の信頼が厚い。

 

Trusty Dental

1212 E. Putnam Ave., Suite 2
Riverside, CT 06878
TEL: 203-637-1115
Trustydental.com
*日本人スタッフ常駐

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1041

自由気ままに
デトックス

年末も近くなり、何かと忙しいこの季節。2019年を最後まで楽しむために、体の不調やストレスは今のうちに排除しよう!今号は、気軽に立ち寄れる市内のリラクゼーションスポットを探訪。

Vol.1040

読者ランナーを一挙紹介!
NYCマラソンを見る。

NYジャピオンは、今年もニューヨークシティーマラソンを応援します!レースの基礎情報から、知っていると得する応援の豆知識、そして5区を駆け抜ける読者ランナー太刀を一挙に紹介。(文/南あや)

Vol.1039

ジェネレーションZ が
経済を動かす!

「ジェネレーションZ」(略称=Z世代)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?今、この若い世代の勢いが止まらない!数年後にはアメリカ最大の消費者層となると言われている彼らの正体・生態を、今号で勉強使用!(取材・文/菅礼子)

 

Vol.1038

ニューヨークで進化する
Katsu Sando

ニューヨークでは日本のカツサンドが今静かなブーム。数年前まではKatsuには“Japanese style cutlet”と英語の説明が必要だったが、今は堂々とkatsuで通じる。また「サンド」もsandwichではなくsandoと表記されることが多くなった。そこで今号では、ニューヨークで進化する、オリジナリティー溢れるカツサンドを紹介する。(取材・分/古村典子)