高血圧の予防と治療(前編)


覚症状がない高血圧
危険な合併症に要注意


Q.

もそも血圧とは何ですか?

A.

液が血管の内壁を押す力のことです。一般的に血圧といえば、上腕にある動脈の圧力を指しています。

血圧は、心臓が収縮して血液を全身に押し出すときに高くなり、逆に拡張して血液を貯め込むときに低くなります。心臓が収縮したときの最も高い血圧を「収縮期(systolic)血圧」または「上の血圧」、拡張したときの最低血圧を「拡張期(diastolic)血圧」または「下の血圧」といいます。

血圧は常に変動しており、例えば朝の目覚めとともに高くなり、日中は比較的高く、夜になると下がって睡眠中に最も低くなります。精神的ストレスの影響も受けやすく、リラックスしているときは下がり、大事な仕事の前など、緊張や興奮した状態で高くなります。季節によっても変動し、一般的に加齢とともに高くなります。


Q.

血圧とはどんな病気ですか?

A.

の名の通り、血圧が常に高い病気です。日本高血圧学会によると、日本では4300万人、つまり国民の約3分の1が高血圧と推定されています。このように高血圧は日本人によくある病気ですが、治療を受けていない人が多いことも分かっています。

理由の一つは、自分が高血圧であることを知らない人がいることです。血圧が異常に上昇し、脳、心臓、腎臓などの臓器や眼底、大動脈に急性障害が起こる「高血圧緊急症(悪性高血圧)」の場合を除き、高血圧は基本的に自覚症状がほとんどないからです。健康診断で高血圧を指摘され、驚く人が少なくありません。自分が高血圧だと知っていても、症状がないからと放置する人もいます。

高血圧は、糖尿病や脂質異常症と同じ生活習慣病の一つです。血管が高い圧力にさらされ続けると、内壁に傷が生じ、そこに余分なコレステロール(脂質)や細胞が沈着して動脈硬化が進行します。最終的に血管が詰まる、または破れると、脳出血、脳梗塞、冠動脈疾患(心筋梗塞、心筋症など)、腎臓病、長期的には心不全など、重大な合併症が起こる可能性があります。

合併症予防のためには、自覚症状の有無に関係なく、血圧を適切にコントロールすることが大事です。


Q.

血圧の診断基準とは?

A.

によって異なりますが、例えば日本では、診察室で測定した「上の血圧」が140mmHg(ミリメートル水銀柱)以上、または「下の血圧」が90mmHg以上の場合に、高血圧と診断されます。ただし、普通は1回の測定で診断がつくことはなく、日を変えて2回以上測定し、最終的に判断します。

自宅でリラックスした状態で測る血圧(家庭血圧)の場合、この数値より5mmHg低い値が目安です。

参考までに、家庭血圧は正常なのに、診察室で測ると緊張して高くなる場合を「白衣高血圧」、逆に家庭血圧は高いのに、診察室で測ると正常の場合を「仮面高血圧」と呼びます。

アメリカも以前は日本と同じ基準を採用していましたが、2017年に上を130mmHg、下を80mmHgに引き下げました。この診断基準の厳格化は、130/80以上でも合併症リスクが上昇することが、当時最新の臨床試験データで示されたことを根拠としています。

高血圧はその程度によって、I度とⅡ度に分けられます(図参照)。上が130未満で下が80未満は正常血圧ですが、上が120〜129の場合は「正常高値血圧」という高血圧予備軍です。このグループの人は、高血圧に移行しないように、生活習慣改善に取り組むことが勧められます(後編で説明)。

Q.

血圧のリスク因子とは?

A.

部分の高血圧は、原因を特定できない「本態性高血圧」です。それ以外のごく一部は、その他の病気や血圧を上げる薬などによって引き起こされる「二次性高血圧」です。

本態性高血圧は、塩分の過剰摂取、飲酒、運動不足などの生活習慣要因や、肥満、加齢にともなう血管の老化、家族歴(遺伝的体質)、腎臓病などが発症に深く関係していることが、科学的に示されています。

私の印象として、一般的に日本人は食事による塩分摂取量が多く、高血圧の治療や予防では、塩分制限を徹底することが重要になってきます。

※次回は、高血圧の治療と予防について伺います。

楊宇龍先生
Yulong Yang, MD

内科医師。東京大学医学部卒業後、同大学付属病院で初期研修を修了後に来米。
2015〜18年までニューヨーク市のマウントサイナイ医科大学関連病院で内科研修。
18年夏から総合病院ホーリーネーム医療センターのフォートリー診療所で内科医として勤務、
アジア人の診療に力を入れる。
日本語、英語、中国語で診療可。

 

Holy Name Medical Partners
Fort Lee Office
2083 Centre Ave., Suite 2A
Fort Lee, NJ 07024
TEL: 201-292-5200
https://holyname.org/fortlee-paramus

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol.1037

いざ、ミュージカル鑑賞。

ロングランから新作まで、ブロードウェーではミュージカル作品が山ほど上演中。住んでいるとなかなか見に行く機会がない、という言う人に、今号ではおすすめ作品を紹介。(文/音成映舞)

Vol.1036

今さら聞けないクラブのこと

「自分はもう若くないし」「ナンパ目的でしょ」「なんだか危なそう」と、不慣れな人にはやや敬遠されがちな、ニューヨークのナイトクラブ。実はクラブカルチャーとは多彩で、誰でも楽しめるものなのだ!今号は、市内での安全で楽しい夜遊びのコツを、クラブ初心者向けに指南。(取材・文/南あや)

Vol.1035

ニューヨーク手土産事情

お世話になった人へのお礼、招待されたホームパーティーなど、何を手土産に買えばいいの?と、悩むことも多いはず。そこで、今回はジャピオン厳選の「手軽に購入できる手土産」を特集。(文・写真=音成映舞)