記事広告

ロングアイランドにあるダイキンのショールームに行ってみた!

───────────
ショールームを訪れるメリットを教えてください
───────────

ダイキンショールームでは実際に機器に触れ、体験することができます。アメリカでエアコンを購入する場合、日本のように商品を店頭で見て選ぶのではなく、まず据付業者を探し、彼らが紹介する機器を購入するのが一般的です。ですが、私たちのショールームに来ていただければ、機器のラインナップを詳しくご案内するのはもちろんのこと、お客様のニーズに合わせて自宅に取り付けられるエアコンの選択肢をご提案することができます。

また気になる商品が見つかった場合に、ダイキンが提携する据付業者「ダイキン・コンフォート・プロ」をご紹介することも可能です。皆さんのご相談やご不明な点にお答えし、サポートさせていただきます。

ショールームの内観。実際に触れて体感することができる

───────────
ショールームのおすすめポイントは?
───────────

実際に稼働している機器をご覧いただき、ダクトを使った全館空調システムが主流なアメリカでも、コンパクトサイズのエアコンが取り付けられるということを体験していただけます。既存のダクトを活かして、冷暖両用のエアコンをアメリカでも取り付けることができるんです。皆さんのご自宅事情をお伺いし、どのように設置できるかなどについてご説明させていただけると思います。

また、ダイキンのエアコンと連携できるサーモスタット「Daikin ONE+」(写真上)を触っていただくことができます。Daikin ONE+では温度や湿度が調整できるだけでなく、携帯端末などの位置情報と連携させることで、自動でエアコンのオンオフを切り替え、在宅時にいつでも快適に過ごせるような機能を備えています。

───────────
トレーニングルームが併設されている?
───────────

ショールームに隣接するトレーニングルームでは、据付業者の方々を対象に、空調機器とそれらを制御するコントローラーの取り付け方についてレクチャーする技術研修を開講しています。実際に機器に触れながら実習に参加できるトレーニングルームと、座学で研修を受けることができるレクチャールームを併設しています。

据付業者の中には、不十分な知識で作業をしてしまう人たちも少なからずいます。機器トラブルのもとになってしまうこともあるため、ダイキンが持つノウハウを地元の業者の方々へ無償で提供するトレーニングルームを設立しました。

──────

エアコンを近くの家電量販店で気軽に買うことができる日本と違い、アメリカで空調機器を購入するのは少し勇気がいるもの。しかしダイキン・コンフォート・デザイン・センターを訪れることでそんな不安も解消できるだろう。エアコンについて日本語でも相談できるので、一度足を運んでみてはどうだろうか。

座学で学ぶレクチャールームも

 

スマートサーモスタットの「Daikin ONE+」

 

トレーニングルーム。実際に機器に触れながら講座が受けられる

 

お話を聞いた人

小林菜摘さん

2020年8月に渡米。
ショールームで顧客へのサポートをおこなう傍ら、テキサス州の本社と連携しマーケティングにも携わる。

 

ダイキン・コンフォート・デザイン・センター
817 Sunrise Hwy
Lynbrook, NY 11563
daikinlynbrook.com

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。