記事広告

自宅で高級店の味! お刺身デリバリー頼んでみた from OP Fish Market

今年のホリデーシーズンは、友人と派手なパーティーを開催する代わりに、自分にとって極上の「ごほうびディナー」を自宅で楽しみたい——そんなことを考えていた編集部に、「高級刺身の自宅配達サービス」なる情報が舞い込んできた。「初花」や「饗屋(Kyo Ya)」といったニューヨークの高級すし店に、長年にわたりネタを卸してきた「Ocean Providence(OP)」の傘下において始められた、新しいサービス。「刺身の配達とは?」と思いつつ、欲望のままに好きな刺身をオーダーしてみた。

 

すぐに食べられる親切仕様

届けられた保冷バッグの中には、丁寧に包装されたネタが紙のボックスに入っていた。それぞれのネタは刺身やすしとしてすぐ味わえるよう、きれいな切り身状態(さく)になっている。光沢を放つ、みずみずしいネタの数々は、包丁を入れればスッと身が離れていく。編集部の拙い包丁さばきで切り分けても、十分食欲をそそる見た目。さすが高級ネタ!

鮮度抜群!

気になる味は、まさに最近食べる機会が限られている、すし店のもの! 柔らかく甘い中トロは、口に入れた瞬間ホロリと溶ける。ブランジーノ(ヨーロッパスズキ)の滑らかな食感も、アラスカ産イクラのプチプチした弾力も申し分なく、北海道産ホタテにはスタッフ一同「甘い!」と大歓喜。これは白米が何杯あっても足りない。シンプルに酒のさかなにして、そのものの味わいを堪能するのも良いだろう。

持ち運びやすい、取っ手ありの保冷バッグ

 

さく(刺身にしやすい切り身)になったネタは薄紙に包まれている

 

脂の乗った高級ネタは垂ぜんもの〜!

 


購入元はこちら・・・ OP Fish Market

 

 

1980年から新鮮な魚介類をアメリカのすし店に卸す「Ocean Providence」傘下で、一般家庭向けに始まった配送サービス。オンラインから注文可能。10種以上の海鮮だけでなく、のり、ガリ、ワサビなどのすし・刺身にかかせないアイテムや、ネギ、オオバなどの野菜も合わせて販売中。注文は50ドル分からで、100ドル以上の注文で配達は無料! 現在の対象エリアはマンハッタン区内。

opfishmarket.com

 

 

 

 

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1186

Black History Month 2023 黒人の歴史について学ぼう!!

米国史においてアフリカ系米国人が担った役割や功績を称える「黒人歴史月間」が来月から1カ月にわたり開催される。今週号は黒人の歴史や文化について学べるスポットや関連行事を紹介する。

Vol. 1185

~街歩き特集~お洒落なロングアイランドシティを開拓しよう!

近年開発が進み、ウォーターフロントには高層の高級アパートメントが立ち並び、話題のバーやレストランが点在するクイーンズのロングアイランドシティ(LIC)。住みやすい街とも言われる人気のLICの魅力に迫る!

Vol. 1184

特製おせち料理で新年を寿ぐ

新年を迎える節目に家族や大切な人と、縁起物が詰まったおせち料理で華やかにお祝いしたという人も多いでしょう。今回は、おせち商材の売れ行きや、在住者によるお正月の過ごし方&おせち料理などを紹介。