記事広告

「自分に正直に ストイックに」ラッパー・R-NABYの生き様

当地在住7年目のラッパー・R-NABYは、なぜ逆境の今、こんなに「強い」のか?確かな自信に裏付けられた、独自の観点をひも解いてみる。


「食べさせていく」ことのすごさ

——このパンデミック期間はどう過ごしていますか?

2月ごろまでは、月20本ライブに出たり、曲を作ったり、さくらRADIOのレギュラー番組を担当したりしてました。2月の後半からはライブツアーを東海岸でやっていたんですけど、最終公演でコロナのパンデミックが起こったんですよ。チケットもホテルも取ったのに、公演中止。

でも、いいリフレッシュになりましたね。今まではライブや他の仕事をしつつ、プライベートを両立させながらの曲制作でしたけど、今回は何にもすることがなくて、家にずーっといたんですよね。落ち着いて、めっちゃ曲が作れましたね。1曲に掛ける時間が長かったし、外に制作にも出掛けました。

——外で制作ですか?

ビーチや公園へ。今までは「家で書けるのに、なんで外出ないとあかんねん」と思っていたんですが、家だとあまりにも一人の時間が長いし、精神的に辛いじゃないですか。なので、外で曲聴きながら作って。おかげで、12月発売の新アルバムには、自然や緑といった普段じゃ使わないテーマの言葉がよく出てきますね。

全然ライブできなくて、むしろ良かったな。そうして制作が落ち着いてきた時に、ラーメン店「GORIN」のオーナーの話が来て。

——ラーメン店オーナー!?

どっちみち家にいるのも嫌やし。コロナが終わるまでに店を繁盛させて、終わったら(業務から)抜けて、を目標にしています。

——初めて飲食店を経営してみて、いかがですか?

音楽仲間がみんな店で働いているので、店員との関係性も、音楽制作時と変わらないんですよね(笑)。まかないのラーメンをみんなで食べてから、その足でスタジオ行ったり。

世の中で生活する上で一番大事なのは、金とご飯ですよね。それがあれば生き残れる。

——今、飲食業界もなかなか大変だと思います。

飲食業界を見ていると、いいところだけ仲間意識を出していて、「本当に協力し合ってる?」って思ってしまいますね。俺、他店の宣伝はしないんです。まずは自分の店を固めて、従業員を守らないと。

そういう意味での仲間意識も芽生えましたね。俺が止まったら、従業員に飯も食わせられなくなるし。生き残る一つの手段を与えている満足感というのは、経営者になって分かりましたね。母親が自分にしてくれたみたいに、人にご飯を食べさせられることってすてきだな、と。この31歳の段階で経験できたのは、すごいなと思います。

街は助けてくれない 自分との戦いだ

——アーティスト業界では、生活が厳しい人もいるのでは?

家賃の支払いすら厳しい人もいるんじゃないですか。特に学生の子は、親に仕送り頼んだり、家賃の支払いを待ってもらったり。

——でもNABYさんは、ポジティブですね。

だって、「そんなネガディブなら日本に帰ったら?」って思うでしょ(笑)。日本人って、傷の舐め合いが多いんですよね。「分かる、分かる。時間ないよね、うちも」とか。それしている間は絶対成功できないですよ。

ニューヨークに住んでいると嫌なことがたくさんあると思うんですけど、しょうがなくないですか、と。身近に誰かいても、結局この街では、誰も助けてくれないんですよ。

話は聞いてくれる。でもいっぱいいっぱいで行動に移すことがない。「本当に助けてくれよ」って時に助けてくれる人がいないことを、この7年間でしみじみ感じたんですよ。

結局、海外、自身のメンタルが相当強くないと生き残っていけないですよね。友達の数じゃなく、自分との戦いです。いくら信用している相手にも、「金貸してくれ」は無理じゃないですか。

俺は、お金が悩みの9割を解決してくれると思っている。俺も1カ月収入が途絶えた時があって、その時は悩みましたね。普段全然、悩まないんですが(笑)。

「俺でもできる、だから負けんな」

——その原動力には、どんな思いがあるんでしょう?

次の次世代に何か残したいんですよ。自分がニューヨークに来たのが23歳ごろなので、その世代に言いたい。「俺も中卒やけど、やればできるんだぞ」と。中卒でもちょっと頑張れば、ラーメン店のオーナーになれて、音楽レーベルとのメジャー契約もできるぞ、と。

それを事実として残していってます。言うのは簡単ですけど、やって見せないと、若い子が夢持たないんですよ。「R-NABYくんができてるなら、俺にもできるじゃん」ぐらいの気概の子に来てほしい。俺も、その勢いでしたから。

バカの俺でもできるんだから。成し遂げることによって、「バカ」が武器になるんですよ。

若い世代に言っていきたいな。俺でもできる、負けんな、と。

——自身の中の最終的なゴールは、ありますか?

今レコーディングスタジオを作ってるんですけど、アパレルも作りたい、焼肉店もやりたい。そして最後に自社ビルを建てたいんですよね。

それが小さい頃からの夢だった。でも、今なら、できますよね。

 

R-NABY

本名・吉本秀真。
1989年4月13日生まれ、京都府出身。
14歳でヒップホップに目覚め、24歳で渡米。
2018年にメジャー1stアルバム『THE R-NABY ALBUM』(ユニバーサル)を発売。
20年に『Chink Culture EP』(ソニー/チャート27位)発表。年間200本以上ライブを行う。
「孤高のカス」を突き通し、海外生活でのリアルメッセージを届ける。
Instagram: r_naby_official_nyc

関連記事

NYジャピオン 最新号

Vol. 1159

夏バテはこれで解決!

暑さで体調を崩しがちなこの季節、ヘルスケアの専門家から夏を乗り切るための注意点や対策を教えてもらった。

Vol. 1158

今が旬のフルーツ狩りに行こう!

ニューヨークでもさまざまなフルーツが旬を迎えている今日この頃。自然に囲まれながら、甘くておいしいフルーツを思う存分堪能できる楽しいフルーツ狩りに、家族や友人と出掛けてみては?

Vol. 1157

魅力満載のグリーンポイントを解剖!

川を挟んでクイーンズのロングアイランドシティーと面するブルックリン最北端のグリーンポイントは、昔ながらの街並みと店を残しながらもトレンディーな店もあり、イーストリバー沿いは開発も進む注目のエリアだ。さらに進化する最近のグリーンポイントを歩いてみよう。

Vol. 1156

フェリーに乗って行く週末のプチお出掛け 〜スタテン島編〜

マンハッタン区南端からフェリーに乗ってわずか25分。通勤圏内にもかかわらず、住民以外で訪れる人が少ないスタテン島。しかし意外にも見どころはたくさんある。今号は「近くて遠い」スタテン島の魅力に迫る。