2018/11/09発行 ジャピオン992号掲載記事

Topics

フェルメールの講演会 その謎を検証

吉屋敬

画家、エッセイスト、ゴッホ研究家の吉屋敬さんが、14日(水)午後6時30分(開場6時)から8時まで、日本クラブで「フェルメールと『オランダの光』」の講演会を開催する。

フェルメールが描いたモチーフの意味や当時の社会背景との関係、17世紀にヨーロッパで「オランダの光」と呼ばれた光とフェルメールの関係、フェルメールが生きた世界と時代、そしてデッサンや習作が残っていないのはなぜかなどについて、吉屋さんが図版を映写しながら検証する。

参加費は一般20ドル、同クラブ会員15ドル(1ドリンク付き)。

TEL
212-581-2223(本多)
MAIL
yhonda@nipponclub.org
WEB
https://www.nipponclub.org/?lang=en
MAP
145 W. 57th St.
画家、エッセイスト、ゴッホ研究家の吉屋敬さんが、フェルメールの謎を解明する

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント