2017/07/21発行 ジャピオン925号掲載記事

Topics 「お知らせコーナー」

自作ダンスを披露 大人への成長過程を表現

竹下真歩

 コンテンポラリーダンサーの竹下真歩さんが、5日にカーネギーホールで開催された「花と芸術の祭典 Kajiki’s Artist Show」に出演した。

 竹下さんが振り付けを担当し、阿部桃子さん、西友里江さん、吉村千佳子さんを含む計4人のダンサーが踊った。竹下さんは自身の演目「ファー・ファー」について、「子供から大人に成長する過程で、持ち続けていたい感情やなくしてしまうもの、そして新たに気付く気持ちをダンスで表現しました」と語った。

 竹下さんはニューヨーク在住。現在、クリス・フェリーズ&ダンサーズや、マスタッシュ・キャット・ダンスなどに所属している。

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント