2017/02/17発行 ジャピオン903号掲載記事

Topics 「お知らせコーナー」

青木さんOFF会と料理教室 三国シェフを迎え開催

ファニバース

 イベント企画を手掛けるファニバースは1日、「第1回青木恵子アメブロOFF会」を開催、併せてフランス料理の講習会も行った。

 ベニハナ・オブ・トウキョウCEOの青木さんが、「亡き夫、ロッキー青木さんが生きていたらバレンタインデーに作ってあげたいメニュー」をオテル・ドゥ・ミクニのシェフ、三國清三さんにオーダーし、料理教室がスタート。

 今月オープン予定のレストラン、ROKI LeIZAKAYAのオーナーシェフ、萩原好司さんが前菜「色々なキノコとトリュフ風味のクリスピー寿司ライス」を作り、続いて三國さんが2品目の前菜「マグロのタルタル、ウズラの卵のせ。レモンソイソース」とメーン「ビーフストロガノフア・ラ・ミクニ」、デザート「オレンジグラタン『マダムフランス』」を制作。参加者は味付けや盛り付けのコツを学んだ。

 通常は料理教室を開催しない三國さんがその理由を明かした他、青木さんがロッキーさんとの思い出を語り、会場は大いに盛り上がった。

WEB
http://www.fun-iverse.nyc
シェフの三國清三さん(左)、アシスタントを務めたシェフの萩原好司さん
ベニハナ・オブ・東京CEOの青木恵子さん

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント