2018/09/07発行 ジャピオン983号掲載記事


Pages:      


983-Sports31
公園などで、木と木の間にくくり付けたロープの上を人が歩いている光景を見たことはあるだろうか? 実はサーカスの練習ではなく、「スラックライン」というアクティビティーだ。

西海岸を中心に親しまれていて、ニューヨークでは自然保護の観点から、スラックラインを規制している公園もいくつかある。競技ではなく趣味の範囲で楽しむ人がほとんどで、市内では主にアッパーウェストサイドにあるリバーパーク(通称リバーサイド・リングス)などで、愛好家たちに会うことができる。

メリッサ・キミアディさんも、約9年前に同パークでスラックラインに出合った一人。「スラックラインをやる人は、初心者歓迎な人が多いです。私も他の人が設置したラインで遊ばせてもらって、その人から必要品リストをもらいました」。

最も細いもので幅2・5センチのラインは、「乗るとしなるので、バランスを取るのに夢中になります」とメリッサさん。今は端から端まで歩いてから、ラインの上でUターンする練習をしているそうだ。中にはヨガポーズをとったり、ジャンプや回転技を決めるアクロバティックな楽しみ方をする人もいる。いずれもラインさえ設置できれば楽しめる手軽さが魅力だ。

一方、山岳地帯などでは谷や崖でラインを設置し、地上数十メートルもの空間を歩き切る猛者もいる。これは「ハイライン」と呼ばれるもので、メリッサさんの友人のレベッカ・ハーンさんは、ハイラインをたしなむ一人。

「落下防止のためにハーネスを付けるんですが、それでも怖いです。『早く歩き終わらないか』だけを考えて」とレベッカさんは苦笑い。「でも自分を奮い立たせて渡りきると、癖になるんですよね」。

落下時は命綱をたぐって自力で上まで戻ってくる必要があるなど、ちょっとハードルは高いが、己のバランス力だけで空中を歩くスリルと爽快感は何物にも代え難い。

983-Sports32
スラックラインは基本的に、ラインを固定する木またはポールがあればどこでも遊べる。ラインの幅や長さは個人の好みでカスタマイズ983-Sports33
ハイラインに挑むレベッカさん。ニューヨークではアップステートの辺りでできるとのこと
ここでトライ!
NYC Slackliners
www.facebook.com/groups/469357513094071
有志がラインの設置日時やイベントの開催を告知しているので、気になったらまずは現地を訪れてみよう。クイーンズブリッジ・パークも定番スポット。

983-Sports44


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/09/14発行

巻頭特集
今回は、ヘルスケア&クリニックリストに関連して...

   
Back Issue ~8/24/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント