2018/08/10発行 ジャピオン979号掲載記事


Pages:      
Tour_5


Five Boroughs Brewing Co.
ブルックリンのサンセットパークの「ファイブ・ボローズ・ブリューイング」は、先日1周年を迎えたばかりの新進気鋭のビール醸造所だ。工場跡地を改装した醸造所にタップルームを備えている。

「高い天井と広さが決め手だったよ」と創業者のケビン・オドネルさん。敷設済みのレールの撤去など改装は大掛かりで、醸造や各種専門家をそろえるのにも苦労し、開業までは足かけ6年かかった。タップルームからガラス越しに見える大きな醸造タンクも名物になっている。

ツアーは開業までの道のりから醸造設備、原材料には市内の水をろ過して使っているといったこだわりや製造工程の紹介まで、搾りたての麦汁の香りが漂う作業場を回るもので、25分前後。

地元のイベントや飲食店とのコラボも多い。「地域とのつながりを大切にしているんだ」と共同創業者のブレーク・トムニツさん。その言葉通り連日地元客でにぎわっている。

Brooklyn Brewery
215 47th St., Brooklyn, NY 11220
www.fiveboroughs.com
・醸造所ツアーは土、日曜日の午後1、2、3時から。無料。






Brooklyn Brewery
ブルックリンのウィリアムズバーグにある「ブルックリンブリューワリー」。日本をはじめ、世界的に知られる存在だけに、ニューヨークの観光スポットとしても人気だ。この日のツアーは、スイスとブラジルからのグループが参加した。有料のツアーでは受付後に早速、「どうぞ」と缶ビールを手渡される。この日は陽気なガイド、マイケル・アンソニーさんに導かれるまま、まずは色とりどりのサーバーがそろうタップルームのカウンターへ。

新鮮なビールが注がれたグラス片手に、ほろ酔い気分で醸造設備を見学する。巨大な醸造タンクの脇で、工程や生産量をテンポよく説明。続々と瓶詰めされる商品は、世界中に送られるのだそう。設備の説明後は20分ほどタップルーム内の特別室で誕生秘話から原材料の話まで聞く。自分でサーバーからビールを注ぐ体験もできる。「I♥NY」のロゴの作者として知られる、ミルトン・グレイザーがデザインしたロゴ入りのグラスがお土産にもらえるのもうれしい。

Brooklyn Brewery
79 N. 11th St., Brooklyn, NY 11249
www.brooklynbrewery.com
・醸造所ツアーは要事前予約。18ドル。無料のツアーは土、日曜日午後1〜6時に30分ごとに実施している。





Tour_5_3


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント