2018/07/13発行 ジャピオン975号掲載記事


Pages:      

 


鉄骨構造がクール
ウィリアムズバーグブリッジ
ブルックリンブリッジの遊歩道は、観光客に大人気。入口は地下鉄4、5、6ラインのシティーホール駅正面の歩道に直結しているので迷うことはない。1883年の開通だけに、足元は木張りで趣がある。ブルックリンに向かって右側が歩行者専用。左が自転車専用。吊り橋を支える2本の石造橋脚は、古城の塔さながらに堂々とそそり立つ。その周囲が小さな展望台になっており、進行方向右手にはブルックリンハイツ、左手にダンボ。後方左手にはエンパイア・ステート・ビルがはるかに臨める。

圧巻は、後方右手ダウンタウンのビル群。橋を吊る無数の鋼鉄製ワイヤー(通称「スチールハープ」)越しに整列する摩天楼たちは、まさにニューヨークの顔だ。486メートルの橋脚間を歩けば、今度は右手遠くに自由の女神。その向こうにスタテン島の島影が見えてくる。対岸ブルックリンに着いたら最初の出口で降りるのがコツ。そこがダンボ地区だ。自家焙煎が名物のコーヒーショップや石窯ピザで疲れを癒そう。





味のあるNY最古の橋
ハイブリッジ
ニューヨーク最古の橋、ハイブリッジは1848年に造られた。古代ローマ風の水道橋で、マンハッタンとブロンクスをつなぐ。1970年代に一時閉鎖されたが、2015年に人や自転車が通行できる道として再整備された。

地下鉄Aラインの168ストリート駅で降り、172ストリートまで北上し、東に約300メートル、アムステルダムアベニューと交差する点のハイブリッジ公園に橋へと続く道がある。橋のたもとの高さ60メートルほどの給水塔を目指して進む。園内の木陰を抜け、時折聞こえる小鳥のさえずりが都会の忙しさをしばし忘れさせる。

橋はハーレムリバーを越えて全長約440メートル、ブロンクスまで一直線に延びる。地面はレンガが整然と敷き詰められている。設置されたプレートには「(1870年)水は人口増のアッパーマンハッタンに必要とされた」など、時代ごとの橋の役割とイラストがあしらわれている。夜間は街灯がともり、別の趣がある。通行時間が季節ごとに違うため、注意が必要だ。




5-7


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画