2018/05/11発行 ジャピオン966号掲載記事


Pages:      

個人年金は種類を知ることから
比嘉啓子さん

 
Q個人年金の開始に、適した年齢は?
A相談に来られる人で、老後の保障を考え、年金に一番関心が高いのは50代の人が多いです。20代でも、興味のある人は年金を始めることをアドバイスすることもあります。
 
Q始める前に知っておくべきことは?
A種類としては大きく分けて投資型、保障型があります。またそれぞれに税金控除になる、控除にならない、それとアフタータックス(税金を払った後のお金)をいくらでも入れられる商品もあります。

この税金にまつわる部分が年金商品の特徴で、それぞれの将来の収入やライフスタイル、考えによって、メリットに変えられる部分です。ウェブサイトなどでご自身で調べることも可能ですが、やや複雑でもありますから、正確に知るにはまず、専門家に相談することをおすすめします。

特に日本人で、ある程度調べてから相談に来る人もいますが、日本とは違う構造なので、まったく知識がなく、米国の個人年金の特徴から説明が必要な人も多くいます。
 
Q自分に合った年金商品を探すには?
Aオンラインなどで自分で口座と開いて購入できますが、年金商品は数限りなくあります。まず全て英語でやるのはハードルが高いです。また的確な運用方法が分からず、結果何もせずにお金を置きっぱなしという人もいました。

知っておいていただきたいのは、保険会社、金融機関は基本的には自社の商品しか販売できないということ。保険、証券両方のライセンスを持って、すべての商品を平等、公正に評価した上で、個々のニーズに合うものを紹介できる、私も含めインディペンデントのファイナンシャルアドバイザーにまず相談するのがいいと思います。もちろん、1年ごとに見直しもして、必要であれば違うファンドに買い換えるといったこともアドバイスします。
 
Q年金が他の投資と違う点は?
A年金商品は口座に入れたお金は金利、利益分に対して、税金を引き出すまで先送りにできますので、一般の投資商品や銀行預金よりもお金が早く貯まることになります。また基本的には早くても59歳半になるまで下ろせません。それ以前に下ろした場合は、課税対象になる金利や投資の利益に対して10%のペナルティーを払わなくてなりません。ですから長期的に置いておけるお金を使うのが大原則です。また早めに始めるというのも大事です。年金を20、30代から始めると、少しずつでも複利が重なって増えていくわけですから、時間が大事になってくる。また例えば50代ならば手数料が高くてもより確実性の高い保障型を選ぶ人が多いですが、若いうちは手数料が安い投資型で、少しアグレッシブに運用することもオプションとして考えられます。

また米国の個人年金は、完全保障や生涯年金保障のものもありますが、生涯年金保障がついている商品に投資しても、実際に投資したお金は元本割れを起こすものもあります。それで心配で夜も寝れないからやめた人もいます。「年金が減るなんて」という感覚をお持ちの人もいるかもしれませんが、そこも踏まえてやるのが年金です。



比嘉啓子さん
インディペンデント・ファイナンシャルアドバイザー。米証券取引免許Series7、63、65、ニューヨーク州などの各種保険販売免許取得。個人、法人の投資計画、年金、各種保険などを手掛ける。
www.hkateadvisors.com
 


 
米国大和住銀投信投資顧問の白木久史さんに、個人投資を始める前にどのように知識を得るのか、またアメリカの株式市場のトレンドなどについて話を聞いた。
 
Q まず、株式投資に関する知識を増やす方法はありますか?
個人で株式投資をするには、まずは証券会社に口座を開く必要がありますね。口座を開くと、オフライン証券であれオンライン証券であれ、売買環境だけでなく投資情報を提供してくれるので、それを参考に投資判断をすることができます。ネットニュースではCNNやグーグルのファイナンスセクションで情報を得られますし、ブルームバーグもプロ向けの情報よりは少しレベルは下がりますが、一般向けに金融・経済・マーケットに関する情報を提供しています。紙媒体ですとウォール・ストリートジャーナルとファイナンシャルタイムズ、週刊の投資情報紙バロンズなどを参考にされたらよいと思います。また、ウォーレン・バフェットやピーター・リンチといった有名なファンドマネジャーが書いた本を読んで、彼らがどんな考えで投資機会を見つけ、またどのように投資をしているのかを知るのも参考になると思います。
 
Q 今、人気のある商品はあるのでしょうか?
銘柄でいえば、いわゆるハイテクの大型株に人気が集中しています。

また商品のトレンドでいうと、個人、機関投資家も含めて、ETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)という投資信託が大変人気です。これは株式市場に上場していて普通の株のように売買できる投資商品ですが、一銘柄を買うのではなく複数の銘柄への投資をパッケージ化したもので、例えばS&P500の採用銘柄すべてに投資するポートフォリオに、小額でも投資をすることができます。

それゆえパッシブ運用といわれる手法をとるものが多く、簡単に言えば市場全体の株を買ってしまえば、ポートフォリオの値動きが市場と同じになる、という考え方です。アクティブに相場に挑むのではなく、受動的に市場にくっついていくためパッシブ運用と呼ばれます。

米国の場合は、S&P500や世界中の株式に分散投資するETFがとても人気がありますが、市場全体ではなく、例えばハイテク、金融株といった特定の業種や、インドやロシアといった特定の国・地域だけを買うといったバラエティーもあります。

個別の企業についての専門知識がなくても投資でき、かつコストが安いため人気があります。こうした商品が出てきたことで、逆にわれわれのような運用のプロにとっては、パッシブ運用ではできない運用、リターンをお客さまに提供できることが求められるような時代になってきています。

専門家たちのセミナー


・堀古英司さん
6月いっぱいまで、投資に関する相談を受付中。料金は1時間250ドル。詳細は、www.horikocapital.comの「CONTACT」欄から問い合わせること。

・大石究さん
住友不動産販売NYでは、初めて物件購入する人に向けたセミナーを不定期で開催している。他にも、6月12日(火)に東京で、統合型リゾート併設アメリカンドリームモール内および、商業施設インダストリーシティ・ジャパンビレッジ店舗への小売・外食の出店応募説明会を開催する。yamamoto@sumitomo-ny.comに問い合わせること。
 
・比嘉啓子さん
5月23日(水)午後2時から、個人年金についてのセミナーを開催。希望者は、keiko.higa@hkateadvisors.comまで問い合わせること。


Pages:      

過去の特集

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント